アッバと呼びなさい

1988年4月26日 (ノート24)

昨日神が私に何を望んでおられるか妹と話していました時、話に夢中になって思わず「O babas mou ipé na…」(「パパが何々しなさいとおっしゃった」)と言っていました。ギリシャ語でごく自然に神のことをパパと呼んでいたのです。私はあわてて黙りました、妹があっけにとられて見たのです。手を口に当て、そうするつもりでなく神をパパとお呼びしたと説明しました。本当にしばしば主を近くに感じるのです。それで私には二つの家族があると言っています。一つは地上で与えられた家族、けれど天上には私の聖なる真の家族が住んでおられるのです。

幼子よ、私のマントの中に隠れていなさい。そばにいるならサタンの攻撃から護られる。そう、サタンはあなたを追い、私の子よ、努力を倍加し、あらゆる罠を仕掛け、企んでいる。来たるべきすべてに対する怒りに任せて。こう話すのは、私の子よ、祈りを倍加すべきだからです。

主よ、断食をお望みですか、それは助けになるでしょうか、主よ。

断食してくれるか?

お望みでしたら。

望む。来なさい、私がそれを助けよう。

ヴァスーラ、あなたが私を「baba (ギリシャ語でアッバは父という意味)」と呼んでくれた時、この言葉を宝石のように受け取った。私が素朴な心にどれほど惹きつけられるか、分からないだろう。そう、あなたを素足と名づけた、あなたの心の様子を見て。

聞きなさい、私の光のうちにあなたを創造した、天の広間に受け入れ、私の平和、十字架と、愛を分かち合うように招いた、間もなく私の王国を広めるだろう土地に導いていく、時が来たなら、助言と指示を与えよう。