私の父は愛ゆえにあなたたちを創造された 私の掟は愛の掟

1987年2月2日 (ノート7)

ああ、娘よ、あなたたち皆に求めるものは愛だけである。私の父は、愛ゆえにあなたたちを創造された。愛ゆえに独り子をお与えになった。私はあなたたちのために苦しみ、愛のために十字架上で死んだ。愛ゆえにあなたたちを死から救った。なのになぜ、どうして、あなたたちの中には私を憎み、迫害する者がいるのか? 私が与えたおきてゆえに私を憎んでいるのか? 私はあなたたちが気ままに生き、反逆に陥るのを妨げているだろうか? もしや、そこに誰も教えてくれる人がいなかったために、私について聞いたことがなかったのか? だからそうやって自分たちのおきてを作り上げ、この世の富や楽しみに思い焦がれ、自分たちの思いのままに生きているのか?
 子どもたちよ、愛する者たち、私への憎しみの発端とはこれだ。つまり、私を知らないからだ。だから来て、私に会いなさい。私は愛である、私を信じなさい。もし私を知らないと言うなら、私は、あなたたちが生まれる前からあなたたちのことを知っており、既に聖別したと言おう。あなたたちが私を憎んでいると言うなら、私はあなたたちを愛していると言おう。罪を犯してしまったとしても、私はゆるしている。私の名を汚してしまったとしても、私は憐れみを示している。私を傷つけてしまったとしても、私はあなたたちを愛し続け、天の国を分かち合おうと申し出ている。あなたたちの邪悪さにもかかわらず、私はあなたたちを完全にゆるす。
 ヴァスーラ、愛している、休みなさい、後でまた続きを書き取ってもらおう。

(しばらくして)

ここにいる、私はイエス・キリスト。娘よ、私の言葉を書き取ってほしい。さあ、私の声を聞き、私を識別しなさい。
 私を恐れているのか? 私の目があなたたちを見通し、あなたたちの魂がしてきたあらゆることを読み取ることができるという理由で、私を拒んでいるのか? 恐れないように、私は既にゆるしたのだから。私の血はあなたたちの救いのために流された。
 私は地上にいた時は肉体のうちにあった。罪人たちの間に住み、病人を癒やし、死者をよみがえらせた。あなたたちを見捨ててはいない。私は今もあなたたちの間におり、あなたたちを癒やしているのだから。癒やされるように私のもとに来なさい、あなたたちの魂を私のもとまで引き上げよう。私を愛するように教え、互いに愛し合うように教えよう。もし弱いのなら、私の力があなたたちを支えよう。道に迷ったなら、私が来て道を示そう。私のおきて愛の(おきて)である。それに従いなさい。従うことによって、私はあなたたちの心を開き、あなたたちは私を受け入れることができるようになる。
 あなたたちを呼び覚まし、どう愛し、どうゆるせばいいか、どうすれば聖なる者となり、どうすれば聖なる生き方ができるかを教えよう。さあ来なさい、愛する者たち、来て、私から学びなさい。私は愛。私は平和。私は憐れみ。私は柔和で謙遜。私はゆるし。あなたたちを一人残らず愛している。