結ばれて一つ

1988年10月31日 ノート29

(ロードス島で街に出ようとバスに乗りました。車掌が来たので「一枚お願いします」と言い、乗車券を一枚もらいました。イエスがそばに座っておられ、私は一人で笑いながら、振り向いて言いました。「一枚だったけれど、本当は二人だとは、車掌さん、思いもしなかったでしょうね」イエスは「おや」というお顔で振り向かれ、こう言われました)

何を言うか! 私たちは結ばれて一つとなっているのではないか? ……来なさい。

あなたを創造したのは私の霊を悦ばせるため、私の聖なる名のもとに一つとなりなさい

1988年10月25日 ノート29

わが主よ?

私です、娘よ! 歓びなさい! あなたの理解をはるかに越える愛をもって、永遠の昔から愛してきた! 格別の愛をもって。あなたを創造したのは、私の霊を悦ばせ、私の心をあなたの愛で満たすため、あなたの涙によって私の怒りをなだめ、傷を和らげるため。あなたを創造したのは、疲れた時の憩い、忘れられた時の話し相手として。夢中であなたを愛している! 愛する者よ、私の聖心の望みを知ってもらい、私の持てるすべてを分かち合うために、あなたを選んだ。
私の光の子となりなさい。私はあなたを最も愛する者、最も祝福する者。私があなたに抱く嫉妬深い愛は、その小さな心を燃え上がらせ、光の松明とし、ほかの心をも私を愛するように燃え立たせるだろう。私の愛が点る祭壇となり、この炎を広げて、石たちさえも燃え上がらせ、献身的に私に従う者としなさい。肌の色や宗教によって差別してはならない、あなたたちは皆私の似姿として造られ、私の犠牲はすべての国々のためになされたのだ。 私の聖なる名のもとに、一つでありなさい
被造物よ、あなたたちを夢中で愛している! 生き返りなさい、被造物よ! あなたたちの間に私が現存すると信じて、皆を癒やすことができるよう、その心に入らせてほしい。

花よ、私を望みなさい、私の掟を重んじ、私を喜ばせなさい、私を第一におき、全てのものに優先させなさい。地上的なものはすべて嫌悪するように、この世でなされたすべての悪を埋め合わせするには、途方もない償いを必要とする、他の人びとに代って償うように、ヴァスーラ、決して見捨てない。私の教えに導かれて、あなたは私のもとに来た、私とあなた、あなたと私は、代々終わりなく結ばれている、私の平和を受けなさい、来なさい。

私の現存を黙想しなさい

1988年10月24日 ノート29

わが主、神よ?

私です (I Am)。私の平和を与える、子よ。愛している。娘よ、祈りを通して、すべての魂を私のもとに導き、そのあがないを願い求めなさい。あなたを拒む人びとをゆるし、私の聖心を喜ばせなさい、非難も、糾弾もしないように。裁き手は私であり、審判の日には私が裁く、そこで私の子よ、彼らを赦さなければならない、悪には愛を返すように。私に寄り添って憩い、私の聖心のうちに慰めを見いだしなさい、その内奥に、私の愛撫を見いだすがよい。

来なさい、「私たち」?

はい、わが主よ。

では、あなたがそう言うのを聞きたい、私を忘れないでいてほしい! 私の現存を思い出すように。私の現存をこのような仕方で黙想するのを、どれほど望んでいるか分かるか? 私の現存も、あなたたちのほとんどが忘れているかに見える、非常に重要な秘義です。私の現存を黙想しなさい。永遠の愛をもって愛する、子どもたちよ、私が実に現存しているのを思い出して、喜ばせてほしい、私たちあなたあなた、「私たち」というこれらの言葉を用いて、自らを訓練するように。あなたたちの活動、話し合いや思いの中に加えてほしい、私が聖なる者であるのを決して、忘れず、私の現存を尊ぶように。私が(I Am)ともにいるのが分かっていて、それを覚えているなら、私を思い出して、罪も犯さなくなっていこう。
私、ナザレの人、イエス・キリストがあなたたち皆を祝福する。

私を望み、そうすることによって私の栄光をたたえなさい

1988年10月23日 ノート29

私の子よ、どのように好意を示したかを悟っているか? ヴァスーラ、私を望み1、そうすることによって、私の栄光をたたえなさい、花が水を求めるように、私を渇望しなさい。……もうすでにあなたは近づいている2、そう! 私は心待ちに残りの日を数えている。知性の目で私を見なさい、心の目で、魂の目で、見なさい。私を認識するカリスマを与えた、それを用いて私を見いだし、微笑んでほしい。愛を込めて微笑み、自分の利益だけのためにやって来て、決して微笑んでくれない魂たちの償いをしてほしい。

「私たち、共に」?

はい、主よ。「私たち、共に」。

神のうちのまことのいのちとは何かを示す

1988年10月19日 ノート29

神に栄光。 (聖ミカエルへの祈りに答えて)
主に賛美。 (聖マリアへの祈りに答えて)

私の平和を与えよう、来なさい。(聖心への祈りに答えて)

主である私は皆に1こう伝える。一人ひとりを祝福し、私の神聖なメッセージを支援するすべての人を祝福する、特に私のために余暇を献げる人を。

私の呼びかけは無駄にはならない。私があなたたちを愛するように、互いに愛し合いなさい。あなたたちをあざ笑う人びとにもメッセージを広めなさい。光を求めて祈り、互いを公平に扱いなさい。愛する者たちよ、私はいつの時代にも現存する。私、イエスは、永遠の愛をもってあなたたち皆を愛している。

私のもとを訪れ、ヴァスーラ、皆に私の聖心を示しなさい。主である私は、共に歩むことを教え、神のうちのまことのいのちとは何であるかを示す。彼らが皆私の種子であり、私のものであることを分からせよう。サタンが皆をだましたことを、そしていかに狡猾であるかを見せよう。サタンが実在することを繰り返し伝えたい。彼こそが悪霊、世の初めからあなたたちをだまし、終わりの日には征圧され、粉砕される。祈りなさい、愛する者たちよ、私は耳を傾けている。祈りのうちに話しかけなさい、私は現存し、あなたの聖なる仲間であり、いつも皆の間にいる。この私の現存の奥義を信じなさい。

あなたたちに対する愛は永遠、天国に入った時初めて、その深さと豊かさを理解しよう、私の現存を感じなさい…… 私の現存を感じなさい……

あなたたち皆を祝福する。

私は全能

1988年10月18日 ノート28

わが主よ?

私は主。

わが神?

私です(I Am)、

友人がくれた聖具を祝福していただけますか?

私の口もとに持って来なさい、祝福すべき物はすべて祝福する*。

主よ、セロファンの中に入った物もあります。それでも中身を口づけしていただけますか?

その無邪気さを愛している、そのまま持って来なさい、私は全能。与えてくれるその小さな信仰を受け取り、私の聖心において、より強い信仰となるように養っていく、さあ、もう休みなさい。

はい、主よ。ありがとうございます、わが主よ。

* イエスはこう仰しゃり、誰かが聖具ではないメダルを持参されたので、それはほかの聖具と一緒には祝福されないのだと分からせてくださいました。

あなたの弱さは私を夢中にさせる

1988年10月15日 ノート28

主よ?

私です。
あなたほどの弱さに、永遠の昔から出会ったことがない、唖然とする……(*1)子よ、あなたは私を必要とし、その弱さが、無限の力である私を引き寄せている、あなたの弱さは、私を夢中にさせる。弱さは磁石のように、絶えず私を引きつけてきた。

私の心の鼓動に耳を傾けなさい、私はイエス、私の聖心はあなたの住まい、娘よ、私の心の鼓動はどれもあなたを思う愛の歌、この世に繋がれている鎖を、私はゆるめた、私が永遠の昔から願っていたよう、そのまま離脱していなさい、この離脱をどの魂にも望んでいる、あなたの救い主以外誰にも、そう出来ないと気づきなさい、罪の鎖からあなたをあがなったのは私、このために悪魔たちは攻撃的であり、あなたは今週その存在を身近に感じた。身を私に献げなさい、あなたの献身と忠誠心は、愛と忠誠心に渇くこの心、私の聖心を喜ばせる。あの祠(ほこら)(*2)まで上がって来て、そこで私たちの名を呼び求めるように。

はい、イエス、聖なるお母さま。

私の聖心のヴァスーラ、私に愛されていると感じなさい、御母に愛されていると感じなさい、あと少しだけ用いるのを許してもらいたい、「私たち共に」?

はい、主よ。主よ?

私です。

あなたを思うこの愛、そしてあなたを感じ、絶えずそばにいていただきたいという熱い望み、あなたに対してますます渇きを覚え、昼も夜もあなただけを思い、あなたを生き甲斐とし、時には肉眼であなたに見えたいと思う、このような、あなたを「見たい」と望む感情は、まだあなたと一緒でない煉獄の魂たちの思いと同じでしょうか?

彼らの感じている思いに大変近い。だがもっと深く、深刻に明白な思いを抱いている(*3)

ではひどく辛いでしょうね!

そう、彼らの苦しみは深刻。地上にいる間に、私を求めたことがなければ、煉獄で、願望するようになる、そこでは私に見えることがかなわないゆえ、この願望で心を焦がす。

はい、主よ。ありがとうございます、わが主よ。

*1 疑いの大波がまた押し寄せて来たからです。点が三つあるところで私は神を無言にさせてしまいました。
*2 ロンジェボールンのエルミタージュの上にある洞窟のこと。
*3 彼らの思いのほうが深いのです。

あなたが小さく取るに足らない者であるほど、悪魔にとっては腹立たしい

1988年10月14日 ノート28

主よ、
あなたのみ力だけを求めます。
お望みの仕方でよりいっそう愛することができますように、
信仰がさらに必要です。
そしてお与え下さった使命を達成できますよう、忍耐と希望が要ります。
こうして御名が再び称えられますように。

私の利益と栄光のために、しかしそれだけでなく、あなたの魂のより高い成熟のために、この全てを与えよう。私、主が愛している。ともに分かち合っているこの仕事ゆえに、悪魔がいかにあなたを憎むかを理解しなさい。あなたはその愛によって、そして魂を引き寄せることで私を称えている。悪魔がかつて「虫けら1」と呼んだあなたは、私の誉れとなり、悪魔を怒らせている、それはあなたが小さく、取るに足らない者であるほど、悪魔にとっては腹立たしいのだから。悪魔がいかにおごり高ぶり、虚栄に満ちているかを覚えているか!?

はい、わが主よ。

愛している、あなたを常に守ろう。いつでも私のもとに来なさい、私の平和を決して拒むことはけしてない、愛があなたを愛している。

主に栄光。

私は愛の霊

1988年10月13日 ノート28

わが神よ?

私です、永遠の昔からあなたを愛してきた、そして永遠の昔から、愛してもらいたいと願ってきた。私は、愛の霊。心を開いたままにし、私の愛があなたのうちに反射するように、相対する鏡のようでありなさい。あなたのうちに私の愛を反射させたい、私は、私のヴァスーラ、厳しい神ではない、私を蔑む者たちをも皆愛し、おだやかに接する。私の花よ、どのようにあなたを愛するかが分かってきた今、愛がこうして欠けているために、どれほど愛は苦しんでいるかが、もう分かっただろう?

はい、主よ、分かってきました。

では来て私を慰めなさい、放っておかないでほしい、あなたには慰めることができる

祝されるように。

私の霊がどう働くかを読むと良い – 1コリント12:1-11 私の義の杯は溢れ出す

1988年10月11日 ノート28

あなたに平和。

神に栄光!

この啓示が始まって以来伝えているが、私の教会は廃墟と化しこの廃墟の内部にマムシが巣喰いその奥深くに居座っている。ああ 、ヴァスーラ1!! 苦しい…… 私はやって来て私の最も神聖な秘跡にからみつきはいずり回るへびどもを解いて教会の外に放り出さねばならない。そして初めから教会を建て直さなければ…… 私の子よ、この荒涼とした荒野で暮らしそれに囲まれているのは本当に困難で恐怖に満ちている。しかし私を愛し愛をもって私の名を崇める人びと皆のそばにいる

私は限りない富であると私の天来の御わざを踏みにじる全ての人に思い出させたい。被造物が反逆に陥るのを見た時はいつもみことばを運ぶ使者を送った。反逆はあなたたちの住む地を砂漠に変えてしまうゆえ。先祖たちも反逆したが、選ばれた天使たちに私が語りメッセージを託すのを疑う、あなたの世代ほど激しく疑いはしなかった。

今日、私の子よ、教会には私を信じると主張しながら聖霊によってあなたの時代に与えている全ての私の神聖なわざを拒む僕たちがいる! 自らの不毛によりすでに非とされており審判の日には厳しく裁かれよう! この人びとは聖書に立ち還り私の霊がどう働き選ばれた者たちに与える賜を私がどう祝福するかを読むとよい。それら一切は私に由来する2。私の子よ、あなたと私、私とあなたは、この荒野、死に至る荒野を渡っている、それは合理主義、不信仰、愛の欠如、無節操、自己陶酔、虚栄と、聖霊から降る全てに対する敵意によってもたらされた荒野でもある、彼らは聞こうとしない頑なな態度によって、非とされている、私の聖霊による御わざを拒む者は誰であっても、私を拒んでいる、聖霊と私は一つであり、同じであるがゆえ!……

この人びとは砂漠を押しひろげ、そこでは何も育たないように手を尽くす。花を見つけると、踏みにじり、つぶしてしまうか、わざと無視して水を与えずに、枯れさせ、捨てておく…… 私の義の杯が溢れ出し、彼らはすでに、私の義の最初の雫を感じ始めている。こうした諸々の民、特に仕えていながら、聖霊の御わざをまだ拒む僕たちに求めるのはただ一つ、光明と、さらに強い信仰が与えられるように、祈り、祈り、祈り求めること。来なさい、私の子よ、私の聖なる現存を常に思い出し、私を喜ばせなさい、

「私たち」、主よ。

愛している、そう、「私たち」。

「私たち」、

はい、聖なるお母さま。