私が戸口に立っている

1988年7月14日 (ノート26)

ロードス島

ロードス島にいる間、イエスは多くの十字架やメダイを口づけして祝福してくださいました。

あなたに平和、子よ、私を見たら微笑んで、喜ばせてくれるように、ああ、ヴァスーラ、彼らは私を入口に立たせたまま……忘れてしまい、小さな用事に戻って行く、ほら?

目を覚ましなさい! 私が(I Am)戸口に立っている、もの乞いのように、あなたの王が乞食のように懇願しているのを見なさい、愛を乞うている、善良でありなさい! 完全でありなさい! 互いに愛し合い、しばしば悔い改め、よく祈りなさい、それも自分の利益のためだけではなく、愛に促されて、来てほしい! 私、主が愛している。その愛は天国に入るまで、あなたには決して理解し得ない。私、主があなたを抱擁するように、私を抱擁しなさい。もう罪を犯さないように……あなたの弱さ、欠点を知っている、あなたの魂を知っている。来なさい、来て全てを与えなさい、あなたを美しく飾る。ヴァスーラ、完全に自分たちの心を開いて中に入れてくれるなら、もっとよく私を知るようになると伝えなさい、彼らの間にいて耳を澄ましている。

私たち皆が会う時にですか、主よ?

そうです。「私たち」?

はい、主よ2いらっしゃい。おいでなさい、そうしたら皆を祝福しましょう、あなたたちを愛しています。

御身を祝福します。

私、主がまだ呼び続けていることを、思い出させなさい、来て、私に近づいてほしい、どうして愛から身を退いてしまうのか? いつも聖櫃のかげにいて、彼らの一人が訪ねて来ないかとしんぼうして待っている、ああ! 今でも待ち続けている……理屈が通り正当だと信じさせるあらゆる言い訳を、いつも用意しているサタンに警戒するように、まさに道理がかなって見えるようにそれらを美しく飾り、あなたたちが私のもとに来るのを妨げる。私は皆を愛する、彼ら以上にあなたを愛してはいないと理解させなさい、これを、彼らの幾人かは完全に理解するように、私の平和と愛のメッセージを読むなら分かるだろう、まだ理解しない人たちのために繰り返し言う、主である私は皆を同じように愛している、さあ、来なさい、訪ねなさい、来て私から飲むように、そうしたらもっと飲みたくなる、来て私を食べなさい、もっと望むようになる、心を開いて私を受け入れなさい、戸口で立たせたままにしないでほしい! 心に迎え入れなさい、必要とするもの、弱さを知っている、あなたの魂は私を必要とし、私を通してのみ天国に入る、敵の敷いた罠になぜ魂を陥らせてしまうのか? 私のもとに戻り、顔を向け、みことばを読んで自らを教育しなさい、私を読むのに使った時間は、無駄とはならない。一日一時間、救い主のために時間を割いてもよいではないか? 互いに愛し合いなさい、互いに平和を保ち、ゆるしなさい、私があなたの罪をゆるすように、悪を愛で返しなさい、善い心を持つように! 完全でありなさい! さあ、愛があなたを愛し、決して見放すことはない、愛が助けよう、そして最後まで導いてゆく。

日曜日―― 聖マリイナの祝日

ヴァスーラ、ツァンビカの小さな家で子どもたちに会うたびに、この汚れなき御心は歓ぶのです。あなたの聖なる母は皆を愛しています、おいでなさい、「私たち」?

はい、聖マリア、「私たち」。(ロードス島の人たちはイエスに口づけしていただく十字架とおメダイを私に託していました)

主よ?

私です。

これらの物に口づけしていただけますか? 祝福を与えて?

私の口もとまで持ち上げなさい、みな祝福する。(私はどれもイエスの御口もとまで持ち上げました)

  1. イエスはロードス島の人たちをあまり喜んでおられませんでした。<[/note]。 ヴァスーラ、私の子よ、

    はい、聖マリア。

    私を歓喜させ、他の子どもたちと一緒に私のもとに1聖マリアのツァンビカ教会で(ロードス島の人びとのために)。