教会の根とは愛

1989年7月6日 (ノート34)

主よ、この何日か、きっと私にみ顔を隠しておいででしょう。以前ほどあなたの光を感じません、どうして私をお見捨てですか? 主よ?

私です、決して祈りを絶やさないように。私はあなたのあがない主、聖なる者、あなたに対する愛は大きく、魂にとってためになることを教えている、あなたを形造るのは私、見捨てたとは考えないように、嘆かないでほしい。その汗水は空しくはならない、聞くように、私のヴァスーラ、あなたを愛しており、私のパンで養うのをやめない。聞きなさい。私は、非常に大きなあわれみをもって、すばらしいぶどう畑をこの時代に準備している。私はぶどうの木のように、優雅な若枝を出し(*1)、花は愛と平和の実をつける。私を望む者は、近づいて来なさい、そして私の実で満たされるように1。私を食べる者はさらに食べたいと欲し、私を飲む者はさらに飲みたいと欲する(*1)。ああ、娘よ、どの魂も私に飢え渇くようにと、どれほど望むか! そうすれば、今ほど教会は荒廃していなかっただろうに、愛が欠けているなら、私にとって儀式や形式は何になろう? 根がないなら、木は生きていけようか? 教会の根とは愛、では愛が見当たらないなら、私の教会はどうして生き残れよう?

イエス、お慰めしましょう。

あなたの愛をもって、私の頭を休ませてほしい、私を愛し、あなたのうちに憩わせなさい。私の聖櫃の前で皆に会えるのを、非常に歓んでいる2。愛があなたを愛しむ、私は(I Am)主、安心していなさい。

  1. 集会の書24・17+19+21。
  2. イエスは礼拝の時間に参加する人びとのことを仰しゃっていました。