まだ時のあるうちに悔い改め、回心しなさい

1988年7月3日 (ノート25)

(ロードス島)

わが主よ?

あなたに平和、子よ、私の教会は甦る、しかしこの刷新の前に、さらに苦しむだろう1 。その艱難がもう始まっている。さあ、私の義の杯をひと目見るように。

宝石で飾られた美しい金杯を見ました。口もとまでいっぱいになり、誰かが動かせば、きっとこぼれてしまうでしょう。

どれほど満ちているか、分かっただろう? まさにこぼれようとしている、警戒しなさい! ひとたび溢れ出るなら、私の義があなたたち被造物に降り注がれ、大昔に預言された宣告の日を呈し、闇に放り出されよう。私は盗人のように、不意をつき、あなたたちを訪れる。警告を与え、目覚めているようにしるしを与えてきたが、あなたたちは拒み続け、いかに警告しようとしても、時の終わりを認めようとしない。私に対する不信は完璧だ、警告は改心に導く清めとして、大きなあわれみによってなされよう、あなたたち被造物にとっては悲しいかな! 不信仰を増大させ、さらに反抗する者たちにとっては悲しいかな、暗やみに包まれたその精神を、潮の流れに引かれるように、闇そのものに2、引き込ませてしまう。

被造物よ! どんなにあなたたちをあわれむか、永久に失われるのを見るのはどんなに辛いか。息を吹き込み、いのちを与え、生まれる以前に聖化した私の子たちよ、私のもとに帰ってきなさい! 多くがこの潮流に呑み込まれ、完全な暗やみ、永遠の滅びへと引き込まれていくのを見て、心が引き裂かれる! 被造物よ、あなたたちの罪が緋色だろうと、全く喜んでゆるしを与える、来なさい、私のもとに来なさい、私、父のもとに戻ってきなさい、放蕩息子の父親より一千倍も手厚く迎え、愛を注ぐ、杯が溢れ出る前に私のもとに戻ってきなさい、私の義の風が吹きつけ、数限りない傷を負わせ、あなたと周りすべてのものを焦がす前に、戻ってきなさい。そのときには息がしたくても、焦がす風を吸い込むだけで、その風はあなたの内側で燃え上がり、あなたを生きた松明とする! 被造物よ、この時がいかに差し迫っているかを理解しなさい。今日は木々にまだ花が咲いているのを見ても、明日は何も残らず、サタンの煙、死に至るベールに包まれるだろうから、ああ、あなたの悪行、棄教と、私に対する反逆が、この災いや災難を引き寄せているのだと、よくよく理解するように。まだ時のあるうちに、悔い改めなさい、今こそ回心しなさい! あなたをゆるす用意がある。ヴァスーラ、用いるのを許してほしい。

はい、主よ、すべてがお望み通りになりますように。

私を喜ばせ、主なる私に従いなさい。決して見捨てない、私の聖心が平和を与える。

  1. 今教会が苦しんでいる以上に。
  2. こう言いながら神は痛み、苦しんでおられました。