神は日々の明け渡しを求めておられます

1989年10月25日 (ノート37)

(私たちの聖母より、祈りの集いのために)

あなたたちに平和、教会は生き返ります。

いらっしゃい、主に選ばれる者となり、日々自分を主に捧げるのです。熱心な子ども、光の子たちへと変えられるようにしてください、世俗的なことから離脱し、生き方を変えるのです。小さな者たちよ、この世は通過しているに過ぎないのですから。魂は永遠に生きると私は絶え間なく思い出させ、生き方を変えなさいとくり返し注意を促しています。

あなたたちに神は何をお望みでしょう? どうすれば申し分ないでしょう? あなた方を完全な者として形造るために、神は日々の明け渡し、完全な明け渡しを望んでおられます。神に意志を捧げて、ご意思に従うことこそ申し分のない行為です。神を探し求め、神のすべてを追い求めなさい。どうか悪魔の囁きに耳を貸さないように、絶え間ない祈りのうちに魂を高めなさい。愛しています、子どもたちよ、私の眼はあなたたちから一瞬も離れません。

私たちのメッセージを通して善い行いを学びなさい、私たちのメッセージによってあなたたちの貧しい魂が養われ、知識へと連れ戻されて、聖書と真理、そしていのちのもとに導かれますように、私は悪魔の罠からあなた方を救いたいのです。より高い祈りへと魂を高めたいのです。

今夜は、わたしの子どもたちよ、大変特別な仕方で、皆のために御父に執り成しましょう。御父は善良であられ、多くの恵みをいただけるのですよ、どれほど無限に、恵み豊かであられるかを知るべきです。主を求め、たえず主に飢え渇いているように。あなた方の重荷をすべて下ろし、主にお捧げなさい、主に信頼してください。

主への愛、そして兄弟への愛を通して主の王国を広げなさい、悪を愛で返し、人生が愛に主導され、愛があなた方の根となりますように。自分の考え方に警戒しなさい、互いに裁かないように、あなた方のやり方は主のなさり方とは違うのです。他への批判を差し控え、謙虚さによって主をお喜ばせなさい、神の愛はあなた方の最も小さな者たちにさえ、明かされています。

愛する人びとよ、家に帰っても私たちを後ろにおいて行かないで下さい、一緒に連れて行ってください。私たちの聖なる現存を感じるようになり、「私」の代わりに「私たち」と言うようにしてください、皆を祝福します、主が望んでおられるように、一つとなりなさい、天国では一つなのですから、分かれていてはなりません。

平和のうちに、平和の中で暮らしてください。