あなたの労苦は無駄になっていない

1995年11月28日 ノート81

(神のうちの真のいのちの十周年記念)

あなたに平安。私のヴァスーラ、ああ、教えてほしい、教えてほしい、このように長い年月こうしてともに過ごしてきたのを幸せと思うか? 単なる肉として造られ、だが心を持つ者よ、今、幸せか?

私の—歓び—の—冠よ、幸せでないはずがありましょうか? 風の翼に乗ってすすみ、あなたの息吹は私を雲間まで運ばれ、一陣1の風の、その一部として下さいました、ですから、幸せでないはずがありません!

そして私の一部2となり、私も、あなたの一部となった、私があなたのうちに住まいを定めたように、あなたは私のうちに住まいを定め、その魂はエデンに変容し 私の誉れとなった。歩みを前に進め、風の翼に乗って行きなさい、あなたには特別な場所が、私の聖心のうちにあるがゆえ。

私の—心—の—祝いよ! 目—の—膏薬よ! 三たび聖なる光! 「人の住まない地」を救い出されたあなたを、私の魂は歓びたたえます! 三たび聖なるみ名は崇められますように。

実に、私が「あなた—の—心—の—祝い」であるなら、あなたやほかにも多くの人びとを私の心に招いてここまで連れてきた今日の日取りを、毎年記念しなさい  そしてあなたの時代に取っておいた無数の宝を、そこに見いだすがよい。この大いなる日を、心に留めおくように。この十年来してきたように、私のそばにいなさい。決して、そばを離れないように、長年してきたように、私とともに歩みなさい。あなたをどう教育してきたか分かったであろう? 何を成し遂げたか、見たであろう? 私の知恵が見えたであろう? あなたを養子にすることで、ほかにもなんと多くの人を、養子としたか。私の道はまっすぐで、あなたへの近づき方は、悦びもたらす……あなたの王は欠けたところがなく、麗しい。「私の教会を、生き返らせなさい、私の教会を、美しく飾りなさい、私の教会を、一致させなさい」とあなたに、命じていた。そしてともだって、私の栄光をめざしていけるよう、私の意思を行う承諾だけを、ただ一つ求めた。今やこうしてあなたは、私の友情を得ている。

私のもとに立ち帰った数多の魂たちは今日、私の教会に利益をもたらし…..天の私の天使たちの賛美に今では声を合わせている。そして私は、あなたの口を通して語りかけ、一致のために、心で何をいちばん望むかを打ち明けた。あなたの労苦は無駄になっていない。私は。復活祭の日取りを一致させるという、みことばと願いを伝えるように求め、あなたはそうしてくれた。見よ? 私を認めたことが、私の子よ、まさに申し分ない功徳となり、魂には光となった。エジプトから呼び出した娘よ、私は絶え間なくあなたを見護ってきたが、うちなるその薄明かりは、私が切に望み、私の目的全体を達成するために、三たび聖なる、私の霊により賜ったもの。

—「満たされて、あなたは多くなるだろう」という私の言葉は、あなたには謎だった。だが後で、私はその意味を理解させた。「三たび聖なる、いのちの与え主、私の聖霊に満たされたとき、私の霊の力によって、多くの人を回心させ、悔い改めと導く」と。私は自らの手であなたの土壌をたがやし、うちなる岩を砕いて 私の道を平らにした。次に私自身の天来の種子を、あなたのうちに蒔いた。私の名を尊び、私の新しい園に侵入して道をさえぎる誰であろうと、倒すと誓った。今日はこう言える、ヴァスーラ、私はあなたのうちで、むなしく労苦はしなかった。私の霊に解放され、あなたは私が住まうにふさわしい場所となった、私の息子 娘たちも私に近づくがよい、彼らも解放して、私の集いに入ってこさせる。ic

自分自身を自ら弁護しないように

1995年11月15日 ノート81

聖書はこう言っています。
「耳は言葉を聞き分け、口は食べ物を味わう1

どうして彼らには、あなたのお声が分からないのでしょう、
あなたの食べ物はどうして彼らにはありがたくも、美味しくもないのでしょうか?
どうして私の場合はあなたの言葉でないと、拒まれるのでしょう?
ユダヤ人たちがとがめ立てて、あなた、イエスを、
神から送られた神の独り子であり、
あなたご自身が神だとは信じなかった時に、
あなたはこうおっしゃいました。

「私は、父から与えられた数多くの善いわざをあなたたちに示した。
その中のどのわざのために、石を投げつけて私を殺そうとするのか?
……私が父のわざを行っていないなら、私を信じなくてもよい。
しかし、行っているなら、たとえ私を信じなくても、わざを信じなさい2
——ではどうして、主よ、み名によって成された御わざを見てくれないのでしょうか、これも証しとなるでしょうに?

あなたに平和。愛があなたと共にいる。まさに文字通り、私に従ってこれるか? この試練によって、私の平和を失わないようにと願う。私がこのメッセージの著者なのだから、あきらめてはいけない。あなたを救い出す。あなたや他の誰であろうと、試してもよかろう? 試練を通して、強めてもよいではないか? (ヴァスーラ、慰めとなる一人の天使を送ろう……)あなたはこう叫ぶ。「主よ、ひどく傷つきました」と。だがヴァスーラ、私も傷ついた……「主よ、ひどい仕打ちを受けました」と叫ぶ、だが言っておく、私もひどい仕打ちを受けた。

——私の選びの器は、私の家に住む者たちに打たれたが、それは御父があなたに言われたことを成就するためだった……そして今度は言っておく、どの聖職者であっても、世の面前で私に味方すると3表明するなら、私も御父の面前で、時が来たら、彼の味方だと表明する! ——そしてあなたにはこう言っておく。自分自身を自ら弁護しないように! あなたの言葉を聞いた人たちが、今度は証人として公に真理を宣言するように。しかしその何人かは、悪魔が口を利けなくする霊を送って沈黙させるだろう。この者たちは、与えた明かりを隠して、その闇を「賢明さ」と呼び、暗やみに隠れて姿を見せないであろう。ic

あなたを打ち倒すために群衆が立ち上がるだろう

1995年11月10日 ノート81

天の高みにおられる神に栄光、
地上のしがらみから魂を引き上げて下さった神に栄光。
万物を存在させた力の源、三度聖なる光に栄光。
無敵で比類ない権威を持つ神に栄光。
永遠のいのちを見いだせる不滅の神に栄光。
至聖なるお方、主の栄光の全き発露である御身の息吹が、
私たちを生き返らせ、新たにして
一つの栄えある神秘体となりますように。
アーメン。

平和を。

私の子よ、聞きなさい。今日あなたを冷酷に扱った者たちは、やがて私の前で、自らの弁明に迫られる……その時彼らは、「私たちはどんな間違いを犯したでしょうか?」とあえて尋ねようとはしないだろう。なぜなら、彼らの尊大さが私の体に与えた深い傷を私が見せるからだ。そして、日ごとに加わる私への鞭の数が彼らを裁くだろう……彼らにはその十倍が与えられる。私の子、私の似姿よ、あなたは実に、地上でもっともさいなまれた使者だ、だがその一方で、もっとも特権を許されている。私の茨の冠、釘と十字架を受けるという特権を。私は強力な拒絶のしるしとしてあなたを立ち上げた。私の愛に対する拒絶のしるしとして……ああ、あなたたちのなんと多くが、同じ眠りのうちに閉ざされているだろうか……

——聞きなさい、ヴァスーラ、小さな秘密を打ち明けよう。あなたが試されていたこの日々の間、多くの魂を私の心に引き寄せ、長い年月をれんごくで過ごすはずだった数多くの魂たちも解放した! 見よ? 何も無駄にはならない。ああ! 私の心は今燃えるように熱い、あなたの苦しみによって、私は大いなることができる!

私の子どもたちは、私が望むようなあがないをしてはいない、そこであなたに目をかけた。あなたなら救い主の願いを拒まない、それにあなたなら、義と平和を叫びながら、まさにその逆を行う者たちに押しつぶされるのを受け入れるとも分かっていた。

全世界には、今や「疫病神」に勝ったと信じて喜ばせておきなさい、あなたを黙らせたと信じて。そうだ、私を打ち倒そうと群衆が立ち上がり、私を十字架につけたように、あなたを打ち倒すためにも群衆が立ち上がるだろう。救い主に対して、多くの人々が次々と偽りの証言をしたように、あなたに対しても、最後になって多くの偽証人が現れ、偽りを証言するだろう。実に彼らは、無理にでも、無辜の血を罪に定めようとする、分かるか?

彼らは、私にしたことをあなたにもするだろう。だが、あなたの魂が耐えられる範囲でだ。あの手この手であなたを偽預言者と吹聴し、これからもあざけりは続こう。私が番兵たちにあざけられて、目隠しされ、交互に叩かれては、「預言者なら、おまえを打ったのは誰だか当ててみろ1」と言って打たれたあの時のように。あなたは世間の目には負け犬のように映るが、主なる私も十字架上ではそうだった。御父のお言葉を成就させるために、このすべてがあなたの身に起こる。

——私は復活であり、あなたの手を通して書いたものを全て高く挙げる。『神のうちの真の いのち』は肉によって書かれたものではなく、恵みの霊によって書かれたことを誰もが信じるように。あなたは暗闇と悲嘆を感じるべきではない、なぜなら、あなたを私の聖心の中にかくまったのだから。──私の小さな魂よ、私の荘厳な声が聞かれるように、あなたの周囲の雑音におびえてはいけない。悔い改めない罪人たちのために、私の父の唇から怒りがあふれ出し、御父の怒りは、燃やし尽くす炎のまなざしによって示されよう。おや、御父があなたの母を通して、秋田2の使者3にそれを告知したのはそれほど昔ではない。終わりには、地球は耳と心を開いて、救いがほとばしり出る。そしてあなたの母でもある私の母の汚れなき御心と共に、私は勝利する。

──私の苦悶の器よ、私の誉れとなる高貴さのうちに、使命を達成できるよう、必要な力は十分与える。私の愛があなたを覆っているのだから、恐れないように、「lo tedhal」……

今も永遠に私、イエス・キリストがともにいる。

私に忠実を尽くしなさい

1995年11月8日 ノート81

主よ、原初より、王なる方、あらゆるものの主よ、
私は、あなたの肉の肉、骨の骨、
あなたは私のうちにおられ、私はあなたのうちにいます。
あなたを所有し、あなたも私を所有しておられると知るのは、
なんという歓び、なんと嬉しいか!
私はあなたのもの、そしてあなたは、
私の王よ、私のもの!

あなたは真の葡萄の木、そして私は枝の一つ、
私は、あなたの面影、あなたと一つでいるのは、なんという歓び!
こうして私のうちにいて下さるよう、
私はあなたのうちに、とどまります。
ああ、あなたの霊による、なんという賜!
アレルヤ!

ご計画を示して下さい、ああ、主よ、
差し出される何でも、お受けします。今は大胆になりました。
けれど求めておられるのは、苦しみですか?
与えて下さる何でも、お受けします、
み手よりいただくと、すべてが麗しくなるのです!

おいで下さい! 来て、私のうちに君臨して下さい
あなたは、幸せの源!
あなたの杯を分かち合うようにと、招いておられるのですか?
神なるあなたの唇が、吸うときに触れた杯を?
私の神! 私の神よ、私は感きわまって、悦びにうち震えます。
ああ、愛よ! あなたは私を、誘惑されました!

私自身の心も、感きわまって高鳴る、こうした仕方で、食卓に招いてくれたとは……信頼しなさい、私は天下った者、そしてどの被造物も、あなたのうちなる私を圧倒できない。あなたのうちで私は、生き生きとしている。この世の王国に住まう誰であろうと、そしてそこに君臨する者も1、あなたのうちなる私の支配は、揺るがせない。

私は三たび聖なる神、そこで恐れないように。かつてあなたに言ったことを覚えていよう? 私の通り道に障害となるなら、私は王も王国も打ち倒すことで知られていると。今のあなたには、忠実さだけを求める。私に忠実を尽くしなさい。右も左も見ないように。私が助ける。歓びなさい、友よ、あなたを尊んで、私の杯を分かち合うように招いた、あなた方の分裂、そして心の不誠実という杯を……

さて、あなたと私は「TLIG」の十周年記念を迎えようとしている、勇気を出しなさい、私の娘よ、そして世があなたの名誉を剥奪しようと2、気を害さないように。終生、教会の規律を守って生活しなさい、そうするなら私の好意に与っていよう。私の呼びかけには、「ここです、主よ」と答え、いつでも喜んで応じなさい、そうするなら造り主は、あなたの上に輝いてくださる。

御父の選びの器よ、誘惑に陥ってはいけない。知識をどこに見いだせるか、堅忍と、知恵が、そしていのちが、どこにあるかを学びなさい。私の聖霊のうちに、あなたが沈黙する中、このすべてと更に多くを見いだそう。魚が水の中を泳ぐように、私の霊のうちに、楽しく泳ぎまわりなさい。この水を出るなら、死んで干からびてしまう。そこで私のうちにとどまり、私の霊を吸い込むように、そうするなら生きよう。

幸せでいなさい! 多くの隠れた魂たちを私のもとに運ぶようにと、あなたを養い育てた。その多くは、まだ立ち帰るのをはばかってはいるが……彼らをなんと哀れむか! この者たちを取り巻く危険にまったく気づかないでいるのを見て、私は悶え、苦しんでいる。ああ……ヴァスーラ、私の苦しみを分かち合い、この悶えに与ってほしい、私を慰め、休ませてくれるように……

愛しています、主よ、あとは何ができますでしょう?

私を愛しなさい、それが慰めとなる。──前方には、あなたを襲いたいのか、大蛇が待ち伏せている。しかしたとえ直ぐには見分けがつかないよう、透明な姿をとってはいても、あなたには見抜く目を与える。恐れないように、ともにいるがゆえ、どの一匹も襲ってはこれない。しまいには、片方の大蛇が、もう片方を呑み込んでしまう3! そうです! 与えたヴィジョンにあったように。

来なさい、愛している、祝福を与えよう。

「あなたと共にいます。パードレ・ピオ」 これをいつも覚えておきなさい。