太陽をまとう女性 2

1996年3月26日 (ノート83)

ああ、来なさい! 罪の洪水があなたたちを襲う前に! あなたたちを救うことができるこの箱船1 に入ってきなさい。耳をかさなかったノアの時代の先祖たちのようであってはならない。箱船に入ってくるなら、荒れ狂う罪の大水から逃れ、罪の洪水で滅ぶのを免れよう。さあ、彼女に信心を捧げ、共贖者の約束された子供となるように。

彼女への信心は、私に捧げる信心となる。彼女の心を称えてなされる信心はどれも、大きな響きとなって私のもとに達しよう、なぜなら、私たちの一致はそれほどまでに完璧なのだから。聖母のみ心への信心を通し、私の定めはどれも、彼女の光に照らされるならいっそうよく理解される、あなたの足取りがみ心に案内され、恵みの座ご自身が、あなたの手を引いて下さるがゆえ。聖母のみ心に信心を繰り返し捧げるあなたたちは、どれほど祝福されるだろうか!

天国への道を示し、母の愛をその子どもたちに示される、まこと祝福された、お方のもとに来なさい。贖い主の共贖者のもとに、来なさい、そのみ心もあなたのために捧げられて刺し貫かれ、愛に燃えさかっている。私の心のそば近く、燭台の明かりのように明るく、うちにも外にも輝き放つ、このみ心を尊びに来なさい。

もし「彼女の心に用はない」と言うなら、実際には「主の心に用はない!」と言っているのだと知りなさい。知るように、ひ弱な人間よ、私の聖心と御母の汚れなきみ心は完全に一つなるがゆえ、これら二つの神聖な心はその全き一致のうちに、一つとなっている。はっきり言っておく、彼女のみ心を認めるなら、私の心を認めているだけでなく、御父の心をも認めたことになる。私が御父のうちにあり、御父は私のうちにおられると言ってあったであろう? 私が御父のうちにあり、御父が私のうちにおられるなら、私の心は、御父のうちにあって、御父のお心も私のうちにある。私たちが分ちがたく一つではないと言うなら、みことばを否定することになる。あなたの霊の奴隷となってはならない、この世の議論にも打ち負かされてはならない。

教えてほしい、マリアのみ心のような心を持つ被造物が、どこにあろうか? マリアのみ心のような心はない。始めから完全であって、生まれながらに汚れなく2 、恵みに満たされ、その恵みは天使たちの恵みにもまさるもの。それゆえ天使たちは群れなして互いに尋ね合った。「ベールのかげにおられる、このお方はどなた?」「彼女が通られるとき、山々の峰が頭を低くたれて挨拶するのはどうしてか?」

「お心に染み一つなく、これほどまで神のお気に召すお方はどなた?」「彼女が通られるとき、神の被造界があまねく眼差しを下げているのを見たではないか?」「泉のように、ご自分の恵みによって園を肥沃にし、生ける水の泉となられたお方はどなたか?」「神の愛によって本当に清らかなお心で、昼も夜も、夜も昼も、神を慕い求められながら、至聖なるお方と全く一致しておられる、この方はどなたか?」「功徳と恵みをこれほどまで多く持っておられながら、謙遜で、至高なる神の眼差しを一身に集めておられるこの乙女はどなたか?」私の天使たちの多くは感極まって、言葉を失い、黙していた……

  1. 祝された御母のみ心のうちに。
  2. 無原罪として宿られました。