母の汚れなき御心は私の聖心に結ばれている

1988年1月25日 (ノート21)

イエス様?

私です。

今だに、このすべてに驚きを感じます。啓示のことですが、夢のようで、ある時ふと目が覚めてただの夢だったと分かっても不思議ではありません。驚くばかりです!

ヴァスーラ、私は全知全能、あなたを死者から甦らせて、光を与えることを望んだ。「太陽」のヴィジョンを覚えているか?

はい、主よ、光の丸い球ですね。(ノート9、1986年3月26日を参照)

この光の球はあなたたちの間で「太陽の奇跡」として知られている、あなたに見るのを許したこの丸い球はファティマのものと同じです、私はその中にあなたを連れていって、入るのを許した。ああ、ヴァスーラ、それがどんなに特別なことかを知ったなら! 小さな者よ、まだ悟っていないのは、目に被いを掛けてあるからです。

愛しております、わが神。

ヴァスーラ、あなたを私の聖心のうちに隠す、あなたは私にとって貴重な者、あなたの神、私はあなたを大切に思っている、決して怖れないように、私は愛、限りなく優しい父、私に歯向かう時にだけ怖れなさい、ああ、ヴァスーラ、私の神秘は数多くある、そのほとんどはあなたに隠されている。ヴァスーラ、さあ、注意深く聞きなさい。口にのぼった預言はすべて実現する、聖書に書かれてあるみことばはすべて成し遂げられる。ヴァスーラ、二つの心を描いてほしい。

そう、互いに近く、じつは結ばれている心を、それらを一つの茨の冠で囲むように、そう、母の汚れなき御心は私の聖心に結ばれている、私は、その汚れなき御心の受けるにふさわしい情愛を、あなたたち一人ひとりが献げるようにと望んでいる、分かるか、娘よ、私たち神聖な心は、忘恩、涜聖、愛の不在による、茨の冠で覆われ、その茨はこの者たちの罪全体を現す。ヴァスーラ、みことばである私は母を愛し、尊敬を抱いている、私が母を尊ぶと同じように、あなたたちもみもとに近づき、尊んでほしい。どの膝もかがんで母に尊敬を現し、ロザリオの祈りを通して「めでたし」とご挨拶してもらいたい、母にどうするかお教えいただいて、罪を償ってほしい。目覚めているように、娘よ、さあ、母の御心が私の神聖な聖心と、いかに結ばれているかを示した、一つの茨の冠に囲まれて。私の現存を思い出させよう、愛している。

私も愛します、イエス。

来なさい。ヴァスーラ、ともに祈ってくれるか?

はい、主よ。

「御父よ、ああ、アッバ!
私の意志をお献げします、いのちをお献げします、
自らを明け渡します、正義なる御父よ
み旨にかないますなら
完全に用いていただくにふさわしくしてください
燃えるようなお望みの生けにえとなれますよう、
御心の望まれるままに行ってください、アーメン」

ヴァスーラ、あなたを弾圧する人びとを祝福しなさい、この人びとのために祈りなさい。さあ、あなたの聖なる母に祈りなさい、私と一緒に祈るように。

(イエスが書き記させなさいます)

「ああ、聖なる御母、
あなたの汚れなき御心に対する侮辱を
私が償います、
愛のために、喜んで愛の生けにえとなって、アーメン」

ヴァスーラ、私と一緒に御父に祈ってほしい、さあ、ともに。

「御父よ、愛するお方、
私の信仰、愛、希望を、あなたにぜひ
大きくしていただきたいのです、
御名の栄光を、再び称えられますように、アーメン」