私は子どもがたまらなく好きだ 私は無力な者を選んだ

1987年1月30日 (ノート7)

あなたに平和があるように。弱さを感じたときはいつでも私のもとに来なさい、力づけてあげよう。
 ヴァスーラ、なぜあなたを選んだか分かるか?

いいえ、イエス様。

では教えよう。私があなたを選んだのは、あなたが無力で、私の知る誰よりもはるかにみじめな者だからだ。みじめさは私を引きつける、なぜなら私が慰めることができるからだ。あなたは無力で、不十分であり、どの国の言葉も習熟できていない。

主よ、私がそんなにだめな人間なら、なぜ私を選ばれて、このような導きをなさっているのでしょう?

以前に言わなかったか? 私は子どもがたまらなく好きだと、なぜなら彼らは私に形造らせてくれるからだと。あなたを通して、私の愛をはっきりと示すためにあなたを選んだ、自分の力では育つことのできないひ弱な花よ。荒れ地の真ん中で見つけて摘み取り、私の喜びの園に植え替え、私の光の下で育つようにさせた花よ。あなたに求めているものは愛だけ。私を愛し、私に忠実でありなさい。あなたの忠実さを求める。私の心を満たすために、あなたの心の中に持つ愛のしずくの一滴一滴がほしい。私は愛の師ゆえ、愛に渇いている。だから、あなたに求めているのは愛だけだ。誰かを愛したら、その人から片時も離れたくないという望みで心が燃えないだろうか?

ええ、そのとおりです。

では、あなた自身を私に与え尽くすことは一番自然なことではないか? 来なさい、私のもとに来なさい、私はあなたの父である1。私無しではあなたは無力だと分かっている、あなた独りではみじめであり、あなただけでは弱いことも。あなたを通してメッセージを届けることができるように、あなたを形造らせてほしい。ああ、娘よ、あなたはこれからどれほど学ばなければならないか……

分かっています。自分が何一つ知らないことは分かっています。

ヴァスーラ、愛している、疑わないように。あなたの質問に答えよう。私は、私の花嫁たち2の中から選ぶだけではなく、私を知らない者たちの所にも行き、その人たちの中からも選ぶ。私は出て行って、すべての扉をたたく。扉をたたき、その音を聞いてくれたらと願いながら待っている。ヴァスーラ、私はすべての魂に受け入れられ、喜んで迎え入れられるのを待ち望んでいる。あなたたち皆を愛している。

あなたは信心深い魂と共にいる方を好まれるのだ思っていました。その人たちはあなたをいつも喜ばせていますから。

ヴァスーラ、私は信心深い魂や私の司祭、修道女を、そうではない他の私の子どもたちと同様に愛している。罪人も、私を迫害している者も含めて、すべての人々を愛している。ヴァスーラ、私はその人がどのような仕事をしているか、また人生においてどれほど知識を習得したかに関係なく、すべての人に近づく。私の力は死人をも生き返らせる。このようにして私と会えるよう、あなたに私の力を与えている。私は主であり、あなたが小さければ小さいほど、あなたを容易に用いることができるのだから。私が自分だけでことりていることは、あなたもよく分かっているだろう。しかし私の十分さは、あなたの不十分さによって栄光を受ける。あなたのみじめさなど、私の目にはほんのささいなものだ、あなたを私に任せ、私の手であなたを形造らせてほしい。
 私は権威ある者を選んだことはない、私の権威だけで十分だからだ。私の平和と愛の訴えは、あなたを通して運ばれ、私の憐れみが全人類に示されるであろう。あなたを通して私を現そう。私の子どもたちに、持っていないものを要求したりはしない。過ちと罪しか持っていないのなら、それを私に献げてほしい、そうするなら私は彼らを清め、重荷を取り去り、ゆるそう、彼らを責めたりはしない、ひたすら愛するだけだ。たとえ倒れようと、ゆるしを求めて私のもとに来る者を皆、私は愛する。彼らをなお一層愛するであろう。何百万回倒れようとも、決して拒絶したりはしない。その場で彼らをゆるし、彼らの罪を私の血で洗おう。私は愛と憐れみの神だから、ゆるすことに疲れることは決してない。私は弱い者たちへの憐れみに満ちている。
 私の心は聖、そして無限のゆるし。ここまでにしておこう、娘よ。あなたを愛している、私に信頼しなさい、ヴァスーラ、私が言うべきことは、必ずすべて書き記されるであろう。

(しばらくして)

あなたがそばにいてくれるので、私が幸せなのが分かるか? 私、イエスは、心の底からあなたを愛している、そしてあなたに対する私の愛ゆえに、悪魔はあなたを憎んでいる。あなたにわなを仕掛けてくるだろう、私がそばにいて警告を与える。

倒れたくありません!

あなたが倒れるのを見ることはない。私がそばにいて、倒れないようにしっかり支えてあげよう。

私はまだ「形造られ」てもいないのに、どうしてメッセージが与えられたのか分からないんです。

ヴァスーラ、神である私は、多くの人々の益となるようあなたにメッセージを与えた。私にとって魂がどれほど貴重なものか、あなたが知ってさえいれば3。あなたが思っていることは分かっている、その質問に答えよう。
 聞きなさい、私は平和と愛のメッセージを与えるためにあなたのもとに来た、私の仕事には不向きで、無力で、名もなく、小さな、無に等しい、ほんの子どもに過ぎないあなたを選んだ、それはあなたを通して、私の熱烈な愛を表し、私の心の豊かさをいまだに理解しない人々に教えるためだった。
 私の教師たちが、天的な事柄からあまりにも遠ざかり、私の祝福に対して冷淡なのを見て、私は苦しんでいる。なぜなら、カリスマ(聖霊のたまもの)は祝福だからだ。彼らの心はどれほど粗野になり、霊的に何も聞こえない不毛な状態を引き起こしていることか。私はもう一度平和と愛を訴えに来た、しかし、これからさらに何人の者が私を拒むだろう? 私に応えようとしない者はさらに何人? あなたたちの中で、特に私の教師たちの中で、私を探し求めながらもあらぬ方向へ目を向けてしまう者が何人いるだろう? ああ、信仰の薄い者たちよ、どこまで私を知らないのか! 私が無限の富であることを忘れてしまったのか? 私が用いるこの種の道具を見てなぜ驚くのか? 私の力は大きく、無限である、そして私はみじめな魂を通して私の言葉を知らしめていく……
 ヴァスーラ、この導きが私からのものであることを示すしるしを多くの人々が求めるであろう。だが、私の与えるしるしはあなた自身だ。私はあなたを目覚めさせ、悪から解放した。あなたを生き返らせ、あなたの上に私のわざをたくさん注ぎ込んで、私の心へと引き上げた。与えたものを受け取りなさい、知恵があなたを導いているのだから。
 ヴァスーラ、愛している。小さな子よ、あなたは私のもの。娘よ、私を愛し、私を休ませてほしい。あなたの心の中で休ませてほしい、私を受け入れなさい、ヴァスーラ、私を拒絶しないように。ヴァスーラ、あなたが私を受け入れてくれるまで何年待ったか分かるか? ああ、どれほど私の心から遠く離れていたことか、その時私がどんな気持ちだったかを、あなたに言ったことがあるだろうか?

あまりよく思い出せません、イエス様。

教えてあげよう。あなたのことをとても心配していた、あなたが私から遠ざかって当てもなくさまよっていたので、私の心は悲しみでずたずたに引き裂かれていた。
 ヴァスーラ、愛する者よ、それなのにどうして私の訴えを拒むことができるだろう? あまりに長い年月、あなたを待ち続けてきたのだから。ヴァスーラ、私の愛を受けなさい、私の愛はあなたを癒やす。

あなたを拒んでいるわけではないのです、イエス様、受け取るよりも、差し出して、愛する方が、むしろ心地良いのです。私のことは分かっておられると思います。

(自分ではそのつもりもないのに、イエスを傷つけてしまったことに悲しみを覚えました。イエスはそれを瞬時に感じ取られました。)

一緒に来なさい、伝えたい秘密がある。ヴァスーラ、私がなぜあなたを愛しているか分かるか?

はい、もう教えてくださいました。

もう一つ理由がある。あなたを愛しているのは、あなたが私の子どもたちを愛しているからだ。
 さあ、もっと私に近づきなさい、あなたの心の中に入らせてくれるか?

ええ、どうぞ、イエス様。

あなたの中で休むことができると分かって、どれほど喜んだことか。もう私を拒まないように、私は人々の心の中に入っていくのを切望しているのだから。

多分、いろいろなけがれが見つかるでしょう……

清くないものはすべて見つけ出して、必ず洗い流そう。愛する者よ、私の血はあなたを清くする。

  1. イザヤ9・5。
  2. 修道女たち。
  3. 神は寸刻さえ惜しんでおられるようでした。