茨の冠 愛をこめてなされた行為

1987年5月7日 (ノート11)

あなたを愛している、私、あなたの伴侶である。
 私の花よ、あなたを清めてあげよう。これからも続けてあなたを満たし、私の光で生き返らせ、私の力で養っていこう。ヴァスーラ、あなたに私のいばらの冠をかぶせて、誉れを与える。

イエス様、どうして私などを信頼なさるのでしょうか?

あなたを愛している。私の冠をかぶることで、あなたは私が受けた侮辱を理解するようになるだろう、というのも、あなたもすぐに侮辱を受けるようになるからだ。忘れないように、あなたが苦しむのと同じだけ、私も苦しむことになるということを、なぜなら、私はあなたのうちにおり、あなたは私のうちにいるのだから。私自身をあなたに結び付けた、私たちは一つ。さあ、来なさい、私の愛する者よ、私のわざを私たちで続けていこう。最後まで、あなたに十分な力を与えよう。

(後で分かったことなのですが、このメッセージの中で、イエスは私に心の準備をさせようとしておられたのです。私は侮辱され、笑い者にされるでしょう。少なくとも主が私と共におられるので、主と共に侮辱を分かち合うことでしょう。この使徒職のために一度世に投げ出されたら、侮辱と迫害が始まるのです。)

イエス様、私は「あなたを愛しています」と百回言うことすら、まだできていないことをご存じですか。それなのに、あなたはそれを千回言ってほしいとおっしゃいました!

ヴァスーラ、ああ、ヴァスーラ、愛を込めて行ったことはすべて、私に向かって「あなたを愛しています」と言っているのと同じだということを知らなかったのか? そのようなやり方でも私に愛を示すことになる。
 あなたの人生の中で行うことは何もかも、私に対して行っているのだ。
 来なさい。飾りなさい! 咲きなさい! 輝きなさい! 香りなさい! 私を愛の花輪で飾りなさい。私のいばらの冠のとげの一本一本を、あなたの花びら一枚一枚に置き換えなさい。花びらが多くなればなるほど、私を突き刺すとげが少なくなる。あなたを愛している。私を愛しなさい。他の人々に私を愛するように教えなさい。私の訴えを彼らに伝えなさい。

あなたのお助けによって、そうしています。あまり多くのことはできません。

私を愛し、私の傷を癒やしなさい。私のために流す涙が、私の傷を癒やすバルサム(香油)となるように。ヴァスーラ、花輪はとむらいのためだけに作られるのではない──花嫁たちのためにも作られる。八月に、あなたの頭の上に花輪を置かせてほしい。