愛は愛として戻る

1988年10月10日 (ノート28)

イエス様?

私です。

主は祝せられますように。

愛している、娘よ、私に与えてくれるこの信仰ゆえに。心配しなくてよい、私に依りかかり、私の心に耳を傾けなさい。この心は、あなたたち皆を探し求め、愛しているが、多くの人々に非難されている。娘よ、私から力を受けるよう、しばしば祈りなさい、私の力をいつも与えよう。この祈りを私と一緒に唱えなさい。私の再臨を求める祈りを

 「おいで下さい、主よ! 戻って来てください、
この荒野から叫ぶ悲しみの声をお聞きください。
私たちの渇きを感じ、あわれんでください、
戻って来てください、来て、すべての邪悪さを拭い去り、
愛に置き換えてください、
アーメン」

そしてこの祈りを受けて、愛である私は愛として戻ると答えるのを聞くだろう。あと少しだけ、愛する者たちよ、忍耐して待ちなさい、あと少ししたら戻って来る。

警戒して見張っていなさい、私の再臨は突然訪れる。そこで心を整え、悔い改め、清い心で主なる私に顔を向けるように。そうするなら地上の影があなたをおびえさせることはなく、暗黒の時に恐怖を感じることもない。この死の沈黙のさ中にも、落胆や苦悩を感じないだろう。さあ、私の声に耳を澄ませなさい。その言葉に耳を傾けるなら、私の被造界全体を闇が覆う時、慰めとなろう。

あなたたちに心から言っておく、この時はいまやあなたたちからそれほど遠くない。愛である私は、私を愛する皆を引き寄せて恐れを軽くする、私の愛で覆い、私の心をもって慰める、彼らは私のうちに隠れ家を見いだそう。

悲しいかな! 心の準備がなく、私を愛したことがない者たちは! 自らの罪業によって死に、その罪の重荷で窒息し、塵の中に横たわろう! 彼らは第二の龍に助けを借りて、私の聖なる名を汚したゆえ。その龍とは黒衣をまとい、光の対極に立つもの。

ああ、被造物よ! 分別を失った被造物よ1! なんと哀れな。私にやさしい眼差しを一度でも向けなさい、そうするならあなたを解き放つだろう。生まれた日から、あなたが神なき者となることは知っていた、それでも、私はそれを忘れて話し合いたいと望んでいる。あなたのへその緒はまだ私に繋がれている。あなたは誤った道に連れて行かれたが、もし罪を犯すのはもうやめると言うなら、そう言ってくれさえすれば、愛である私は、きっとあなたを救い出そう。私の子よ、前もって私のゆるしを保証する、もうこれ以上私を挑発してはならない、私のもとに帰って来なさい、そうしたら真に私の平和を与える。

さあ、娘よ、その手を使わせてくれるあなたを祝福しよう。どんなに愛しているか! ああ、娘よ、大いに満足している、いつでも呼びかけ、愛をもって私を愛撫し、歓ばせなさい。私の痛みを軽くし、愛することで、私の怒りを鎮めなさい。花よ、あなたは無に等しいゆえ、私の王宮にいるのを許している。だから無のままでいなさい、私の平和を与える、「私たち、共に」?

はい、主よ。

私の現存は聖である。

  1. 神は非常に悲しそうで、与えなければならない罰をほとんど躊躇しておられるかのようでした。