魂を救いなさい

1987年9月26日 (ノート16)

ヴァスーラ、私と共に一人の魂を救い出そう、私にとってとても大切な魂だが、サタンの炎に非常に近い所にいる。サタンの仕掛けた狡猾こうかつなたくらみに気付いていない。

その魂はどなたでしょうか、主よ?

私の花嫁の一人だ。

修道女ですか?

そう、修道女だ。彼女は私を無視し、虚栄心に捕らえられている。愛する者よ、あなたの愛で彼女を私のもとに取り戻しなさい。彼女を愛している。あなたが私を愛するなら、彼女は救い出されるであろう。ヴァスーラ、この働きはあなたや多くの者にとっては神秘だろうが、私を信じなさい、私はイエス、知恵そのものである。さあ、私を祝福しなさい。私を感じなさい、それが私の栄光をたたえる。すべては私の計画に従って成し遂げられるであろう。

イエス様! このようにしてあなたと共にいるということは、なんてすばらしいのでしょう!!

ヴァスーラ。

本当にすばらしい! 驚くべきことです!!

ヴァスーラ、私があなたを見捨てたりするだろうか1? 私を愛しなさい、そして私に対する心が氷のように冷たくなってしまった人々のために償いなさい。祭壇よ、私のために生きなさい、そして私の炎からあなたの炎に補給しなさい、祭壇よ! 私があなたをどれほど愛しているかを決して忘れないように。燃え続けなさい、人々の心に火をつけて、私の渇きを癒やしなさい。

愛するイエス様、ずっとあなたのおそばに置いてください。あなた無しでは、私は途方に暮れてしまいます。

あなたは私のそばにずっといるであろう、私たちの絆を忘れたのか? あなたは永遠の絆で私と結ばれている。

私の面倒を見てくださり、ありがとうございます、主よ。無の中の無なる者、あなたを否定したこの私を。

私はペトロにすら否定された、だが、彼の上に私の教会の最初の土台を据えた、それを忘れたのか? 私は主、あなたを言葉で言い尽くせないほど愛している、そしてあなたの上に、魂よ、私の言葉を刻みつけた。私はあなたの力。あなたの心の中に私を持ち続けなさい、今も、そして永遠に。

そうします、主よ。忠実であり続けます。

さあ、この日を分かち合おう。私の道連れとなりなさい。

  1. 主にこう言われる度に、もう死んでしまいそうになります。神だけが、このような調子で話すことがおできになります。