どの花も光を求める

1987年12月31日 (ノート20)

私の神よ、諸教会があなたのメッセージを信じるように、お祈りしています!

ヴァスーラ、私を信じるのは私が与えた恵みによる1
 聞きなさい、ヴァスーラ。あなたは私の口から話し、私の教会が通る苦難について語るであろう。その啓示は私の声である。時のしるしを見分けなさい。私のメッセージを受け入れなさい、私のメッセージを味わいなさい、私のメッセージを食べなさい。信じない者は不幸だ。

(しばらくして)

小さな子よ、私を愛するか?

永遠にあなたを熱愛します、主よ。

そうだ、ヴァスーラ、私を愛しなさい。あなたの過去の埋め合わせをしなさい。私を愛していない人たちの分も埋め合わせなさい。花よ、どの花も光を必要としている、それが花びらにどんな効果をもたらすかを知っているからだ。娘よ、悔い改めるか?

(過去の罪と現在の罪を悔い改めました。主は私のために、聖体拝領の準備をしておられました。)

それらのすべてを魂の底から忌み嫌いなさい。汚れ2を忌み嫌いなさい、これはソドムの悪徳だったのだから。

  1. この恵みを神に祈り求めなければなりません。
  2. 魂の汚れ。