不忠実さという人の弱さ

1987年9月11日 (ノート15)

ヴァスーラ、あなたに言わせてほしい、知恵は、あなたにただ平和を見いだすように教えただけではない。知恵は、あなたをただミルラで覆い、その卓越した愛であなたを香らせただけではない。知恵は、あなたに曲がりくねった道を通らせて恐れを抱かせ、今やあなたを見捨てようと試練に遭わせたのではない。そうではない、ヴァスーラ、私はあなたに来てもらいたいところに導いてきたのだ。私が始め、祝福したことはやり遂げる、さあ、私の肩の上で休みなさい。

(しばらくして)

小さな子よ、人々のうちに忠実さを見いだすことはめったにない。
 不忠実さという人の弱さに警戒してほしい。愛している、あなたがどれほどもろいかを知った上で、あなたを支えよう。花よ、あなたに口づけさせてほしい。

(私は神にもたれかかり、神は私の額に、御自分の子どもである私に、口づけされました。)

あなたを愛している、あなたを聖とし、解放した。さあ、私とあなた、あなたと私、私たちで共に、私を熱烈に愛し、尊びなさい。

(あなたを愛します。聖なる父よ、あなたの両手に口づけさせていただいてもよろしいでしょうか?)

いつでもそうしなさい、娘よ。

(主の両手首に口づけしました。)