七番目の封印

1993年6月3日 (ノート67)

主よ?

私である。あなたの重荷を私の上に下ろしなさい、私の子よ……

私の耳は邪悪な者たちの吠える声に聞き飽きました、その悪意に満ちた舌で次つぎと嘘を言い立てるのです。

偽りの非難をする者たちはいつか私の前に立たなければならない……私はあなたの味方、気がつかなかったか? 非難はすべて、流れ落ち破棄される水のように消えてしまう! 立ち上がりなさい! 立って病人に手を置きなさい、その人びとを癒やす。語りなさい! あなたの口にのぽるみことばを聞いた人の霊は、私の抱擁を受ける1。依りかかっていなさい、平和を与えた、そこでこの平和のうちに留まっていなさい。もう恐れないように……見よ、

私は復活

しかしこの世に君臨するのは死だ。迫害する人びとを非難しないように、そうすれば私も裁きの日にあなたを裁かない。私の─受難─の─魂よ、主である私は、受難でたどった足取りをあなたに示している。あなたは私に仕える者なのだから、私について来なければならない。私にどう言ってほしいのか。「ついて来なさい、しかし足跡はたどらなくてよい」と? そうはいかない、私に仕える者は誰でも、血塗られた私の足跡をたどるだろう。あなたは私の指を用いて、死人を甦らせる2未だに私の不思議が見えない者たちは、私の王国がその前を通過3してしまった者たちだ。

友よ、小さな友よ、天のマンナで今までも豊かに養ってきた。そしてあなたの神、私は、あなたを養い続け、誰もあなたの口から私の手を押しのけることはできない。あなたのか弱さを通して私の計画が成就するように力となる。私の王国に皆を準備している。書きなさい。

今日の世界は私たちの二つの心、聖母の御心と私の聖心とを拒んでいる。あなたたちの今生きている時代は慈悲の時代。六番目の封印が解かれた時には何が起こるかをすでに説明した4。では聞いて書きなさい。

二つの心が証しを終えた直後に5、七番目の封印を解く。その時、戸惑いの沈黙がある6。この沈黙に対して世の人たちは、私たち二つの心に勝利したと考え、喜び7、その出来事を祝う、私の代弁者を通して証しする二つの心を追い払ったと信じて。彼らが聞いた証しはその耳にとっては災難であり、彼らの利益と悪意に満ちた意向にとっては災いとなっていたからだ。

その時、突然この沈黙は、私の日の訪れによって打ち破られる、その時、汚れている者は災い! 悔い改めていない人は災い! その死骸はこの砂漠、彼ら自身が造った砂漠に散らされる。その時私の天使は、玉座と祭壇の前で手にしていた香炉を満たし、それに火を入れ地上に投げ落とす8。そして皆が見ているさ中、激しい地震が起こり、地上の要素は熱で溶け去る9。多くは山に逃げ、洞窟や岩陰に身を隠す10。その時、私に向かって叫んでも耳を貸さない、彼らは私を挑発し、私の聖なる名を冒漬し、山や岩に向って言う、「われわれの上に覆いかぶさって、玉座に座す方の顔と、子羊の怒りからわれわれをかくまってくれ」と11。このように私の日は訪れる。誰がそこで生き残れよう? 生き残った者たちは膝をつき、恐れに打ちのめされて、私、神12をただ称えるだけだろう。その時、新しい天と新しい地13があなたたちに臨む、この世の王国14は私の王国となり、私はどの心をも治めるようになろう。過ぎ去った世界はなくなってしまう15。魂よ、私の支配はあなたの時代に始まる。

  1. 霊に押し倒されて。(集会で二、三回起きたことです)
  2. 霊的に、数々の改心のこと。
  3. 前を通り過ぎてしまったということ。
  4. 1993年2月18日のメッセージを参照。
  5. 主の訪れの日が整った時に、 という意味だと思います。黙示録11·7。「二人がその証しを終えると、一匹の獣が、底なしの淵から上って来て彼らと戦って勝ち、二人を殺してしまう」
  6. 黙示録8·1。「小羊が第七の封印を開いたとき、天は半時間ほど沈黙に包まれた」
  7. 黙示録11·10。「地上の人々は、彼らのことで大いに喜び、贈り物をやり取りするであろう。この二人の預言者は、地上の人々を苦しめたからである」
  8. 黙示録8·5。「それから、天使が香炉を取り、それに祭壇の火を満たして地上へ投げつけると、雷、さまざまな音、稲妻、地震が起こった」
  9. ニペトロ3·12。「神の日の来るのを待ち望み、また、それが来るのを早めるようにすべきです。その日、天は焼け崩れ、自然界の諸要素は燃え尽き、熔け去ることでしょう」
  10. 黙示録6·15。「上の王、高官、千人隊長、富める者、力ある者、また、奴隷も自由な身分の者もことごとく、洞穴や山の岩間に隠れ」
  11. 黙示録6·16。「山と岩に向かって、「わたしたちの上に覆いかぶさって、玉座に座っておられる方の顔と小羊の怒りから、わたしたちをかくまってくれ」と言った」
  12. 黙示録11·13。「そのとき、大地震が起こり、都の十分の一が倒れ、この地震のために七千人が死に、残った人々は恐れを抱いて天の神の栄光をたたえた」
  13. 黙示録21·1。「わたしはまた、新しい天と新しい地を見た。最初の天と最初の地は去って行き、もはや海もなくなった」
  14. 黙示録11·15。「さて、第七の天使がラッパを吹いた。すると、天にさまざまな大声があって、こう言った。『この世の国は、我らの主と、/そのメシアのものとなった。主は世々限りなく統治される』」
  15. 黙示録21·4。「彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである」