罪の告白と聖体拝領

1988年9月29日 (ノート28)

(ラファエル、ガブリエルとミカエルの祝日)

(聖ミカエルに祈りました)

(聖ミカエル)

至高者に栄光、あなたを死者の中から甦らせてくださいました。いつもサタンに警戒していなさい、主の御前にいることを思い出すように。私に向かって祈りなさい。

聖ミカエルの祈りは、悪魔祓いの祈りなのでしょうか?

そうです。神に造られた者たちが、この祈りを通してどのように悪と戦うことができるかを知ったなら、毎日唱えているでしょう。いつも主のお言葉に心を開いていなさい、永遠の御方はあなたを愛しておられます、主に賛美!

ああ、聖ミカエル、私たちを守り、戦って下さってありがとう。わが主よ?

私です、覚えておくように、あなたの周りは荒れ野です。

ヴァスーラ、悔い改め、私に罪を告白しなさい。耳を傾けている1、あなたをすっかりゆるす、魂の染みとなっていたそれらの罪をゆるす。平和でいなさい。今のことを、全ての被造物に強く伝えたい。

私は皆に掟を与えた。皆はこの掟を守るように。私は私の教会に仕える教師たちを与え、道を案内させ、聖体拝領で私を受けることがいかに大切かを教えさせている。私の血と私の体を受けなさい。私は意味なく川のように血を流したのではない。あなたに飲ませようとそれは流された。私に仕えるこの者たちは、あなたから私の血を差し控えてはならない。私の血はあなたの救いのために流された。私の血も飲むように、さあ、来て私を飲みなさい。もっとほしいと望むようになる。私の最後の晩餐の言葉を守るように。そして私のもとに来る時は、その前に、私をどう受けるかに注意し、自らを吟味し、気を落ちつかせ、悔い改めて、ゆるしの秘跡もしばしば受けて私を尊びなさい。あなたたちに聴罪師を与えた。愛する者よ、彼よりゆるしの秘跡を受けてはいても、実は私に向ってしているのです。あなたがゆるしの秘跡を受けている相手は私です。契約の血を、聖でないかのように扱ってはならない。

私の聖なる現存を忘れないように。「私たち共に」

はい。

「私たち共に」

はい、聖マリア。

(しばらくして)

ヴァスーラ、

聖ミカエル?

そうです、私です。この新しい追い出しの祈りを唱えて、聖ガブリエル、聖ラファエルとともに、私も祝ってこの祝日を記念してほしいのです。この祈りを活字に打ち出して広めなさい、あなたの時代は切実にそれを必要としています。至高者のご意思に従ってこう伝えます。神に栄光。

神に栄光、主は祝福されますように。

私の子よ、私、主です。これらの祈りをする時、いつも目覚めていなさい! 主なる私は、私の言葉を聞いてくれたあなたを愛おしむ。決して疑わないように、あなたの魂を養おう、来て、私と一つになりなさい。

「私たち共に」

永遠に……

そしていつまでも、アーメン。

聖マリアは祝されますように。

  1. 神に告白しました。