愛しなさい、私の敵を打ち負かすであろう

1988年4月8日 (ノート23)

聖金曜日

イエス様?

私です。どうして疑ったか*?

* 1988年3月29日のイエスのみことばに該当する聖書の箇所を見ていました。それを使徒言行録で見つけましたが、聖書のほかの箇所にもあるのを知っていました、イエスがそのところも見せて下さったことがあるからです。聖書全体でどこだったかをもう一度教えて下さるようにイエスにお願いしました。しばらく探しても見つからなく、わらの山から針を探しているような感じでした! もしかしたらイエスは私の声が聞こえなかったのかもしれないと思い、さらに大きな声で言いました、「ああ、イエス。もしかしたら叫ぶべきかも知れません。私の声をお聞きにならなかったのでは」最後の言葉を言い終える前に探しているページを開いていることに気づきました。それは、まん前の目と鼻の先にあったのです。それでイエスがおっしゃったのです、「どうして疑ったか?」と。

ああ! 求めるのは愛だけ、私を愛しなさい、そうしたら渇きが癒やされる! 私を愛しなさい、そうしたら傷は癒える! 愛しなさい、そうしたら私の霊はあなたのうちに歓喜する! 愛しなさい、私の敵を本当に打ち負かすだろう! あなたの上には私の霊がある、子よ、「私たち」? 「私たち」?

はい、主よ。はい、聖マリア。いつまでも永遠に「私たち」。