高潔なおとめマリアのみ心よ、あなたの子どもたちをあわれんでください

1997年4月4日 (ノート89)

私の – 心 – の – 花よ、耳を澄ましなさい。尋ねよう。聖書に書かれてあることを信じるか?

はい、もちろん、主よ!

神が人間に話しかけることができると信じるか?

私に話しかけてくださったので、こんなに元気です、話しかけてくださったのをどうして疑えましょう?

今日まさに、私の家で私自身の者たちの多くが、私に剣をあげている……おごり高ぶって彼らは言う。「私たちは神々だ」と。人が「神」と呼ぶあらゆるものよりはるかに、崇められている何よりもはるかに偉大だと主張し、私の聖所に自らを据え、自分たちを神だと言い張る。私が宣言したどの言葉も、まさにこの者たちは拒んだ、しかし大いなる火が今や彼らをのみ込もうとしている……彼らは私自身の神秘を把握したと主張するが、自分の務めがどこにあるかを人間に思い出させる一人の仲介者1がおられる、この方は人間をあわれんでくださるようにと人間に代わって祈り、いのちを回復し、落とし穴を免れるようにと祈られる。私はこのすべてを人間のために行い、そしてふたたび行っている、魂を永遠の火から救い出し、いのちの光が明るくその上に輝くよう……自分たちの企てを隠そうと、私を日々かかげるこの人びとは、ペトロの座を転覆させ、私の教会の代理者および彼らの企てを露にし、私がその棄教を知らせたすべての者たちを、沈黙させようと陰でたくらむ。私を沈黙させようと彼らは陰でたくらみ、こう言っている。「誰が見ていよう? 誰に見分けがつこう?」しかし身分の貧しい者たちは、私の声を聞いて見分けたときには歓ぶ。最も卑しい者たちは、私の現存を前に歓喜する。—2私に捧げるものは、今やただの真似ごとにすぎない。そう、彼らは私の王宮でまさに恥ずべき者となった。私の家で罪を犯すこの者たちは、私の声を黙らせようと模索する。あなたたち皆の上に命を下し、英知の輝かしいわざを非とするように試みよう、この英知の御わざ3 は、輝かしい旗印のように高くかかげられ、彼らの罪咎を露にするので、主だった攻撃の的となった。私の4最もうるわしい遺産は、愛する者を裏切る女のようになってしまった……

そして私の声を聞き、弟子となるように耳を開いたあなたには、こう言っておく。恐れるな、未だかつてないほど自分を甘く酔わせるまで、私を恋い焦がれなさい。私は葡萄酒よりも甘美なるがゆえ。私を追い求めなさい、やがて神への知識と神の知恵を見いだそう、心を込めて私を慕い求めなさい、孤児が両親を欲するように、私を心から慕い求めなさい。私たち三位一体の現存のほかには、地にも天にも悦びを見つけてはならない、私たちの栄光のためと同時にあなたの聖性のためにも、聖なる私たちの伴侶としたその私たちのそばにとどまるのを歓びとしなさい。

私の神、私の神、今こそ行動するときです、
お家ではあなたの掟が破られ、悪が力を増しています。
まるで基礎が川につかってしまったように、
忌むべきものがひろがって、溺れそうです。
三位一体の神よ、私たちの幸福を保証するお方、救い出しに来てください!

私は約束を守り、あなたの悲嘆と苦悶はやがて終わろう。そこで私の声は間もなく天から轟いて、山々の基が打ち震えると、私の息子や娘たちに告げなさい。私の教会の中のこの商人たちは今や、私がペトロの座につけた者にいよいよ迫り、その転覆だけを狙う。まるで引き裂こうとするライオン、ねぐらに伏す若獅子のように。私の声を沈黙させたがるまさにこの者たち5 と、その動きを私は一つ一つ注視している、そして見ては胸が悪くなる。迫害する者たちに数限りない祝福をささやく、私の忠実な僕6が見える。その背中を鞭打たれるさ中、彼の声が聴こえてくる7

「愛をもって、贖い主よ、私の嘆願をお聴き下さい。容赦なく迫害する者たちが詰めよります、彼らはあなたの掟からなんとかけ離れているか! 今こうして、夜明け前に起きて助けを呼び求めます。天の元后、私たちを助けに来てください、主よ、あわれみ給え……助けに来てください、ああ、神よ! 魂の護り手よ、助けに来てください。神の母、聖霊の浄配よ、私の叫びがみもとに届き、御母のみ心を動かしますように。ああ、清らかなお方、御父、御子と聖霊のそばにまします天なる神のみ座よ、私の申し立てを取り上げ、普遍的な平和をもたらしてください……私たちをあわれんでください……あなたの子どもたちをあわれんでください……あなたが苦しむ者たちと、みじめな者、貧しい者や途方にくれる者たちの上にマントをひろげておられるのを見て、私は期待に胸ふくらみます。私たちを守ろうと、あなたの光と希望の流れを送られ、そのときは私の苦渋も消え失せます。母親に寄り添う幼子のように、私は安らかです。母親に寄り添う幼子のように、あなたのうちに身を隠し、希望をおきます。至聖なる三位一体の、天の玉座よ、あらゆる恵みの仲介者よ、嵐のように押しよせる罪の洪水から、私たちをお護り下さい。恵みを何倍にも増し加え、親の心を子どもに、子の心を親に向けてください。ああ、神の愛なる御母よ、永久までいたわりと善意に満ちた王的なみ心よ、御父に執り成してください。私は何ごとも自分の功績とはしません、ゆだねられた羊を牧するように、あの日8、愛深いいたわりをもって私のいのちを救われたのは、私の護り手よ、あなたゆえ。高潔なおとめマリアのみ心よ、あなたの子どもたちをあわれみ、追放された者たちにみ心の扉を開き、私たち皆の上に光を注いでください。弟子たちの御母、勝利の母、比類ない贖いの母よ、預言者たちとカリスマの母、真の葡萄の木の母よ、私の懇願が御母のみ心に届きますように……私の神、魂の護り手よ、あなたに希望をおきます……ああ、神よ、あなたの掟を深く愛します!」アーメン。

そこで今こそ沈黙を破ってください、主よ、
パパ様の祈りに耳を傾け、聞き入れてください。
天の高みよりこの生ける水を送って
私たちを洗いきよめ、清くしてください。

この終わりない夜闇のあとには、曙がきっと訪れる、ヴァスーラ、私の友よ、そして私たちの聖なる三位一体の栄光が輝こう。

(聖母が話されます)そしてあなたの聖なる母が、挨拶します、ヴァスーラ、そうです、私たちの心9はあけぼののように昇り、今や闇に包まれている地上を照らしましょう。勝利する私たちの心は人類の上に輝いて、その光はすべての星座を合わせたよりもさらに明るく、千の太陽より、もっとまばゆい光を放ち、長年暗やみの中を歩いてきた民は、天に大いなる光を見いだすでしょう。暗やみの地に住んでいた者たちの上には、光が現れます。あなた方の多くは、小さな子どもたちよ、表面的な印や、外面的な不思議と現われを待っています。多くは上のほうに眼差しをあげて大空を探します、でも、私の独り子、イエスは、外面的な印を探し求めず、あなたたちのうちなる真実で神性なものを探し求めるようにと注意されました。

あなたたちの多くはこの預言書を繰り返し読みますが、目は見えていません。読むときは、特別なしるしや兆し、現われや予兆を見いだすのに唯一の関心を向けているからです、その一方、キリストの神秘と復活の神秘に分け入り、霊的に成長して約束の地に達するよう、識別と悟りの霊を授かるようにと聖霊を呼び求めてはいません……自らの思いと心がこのままの姿勢でいるなら、まこと気の毒な子どもたちよ、あなた方の創造主に顔を合わせた日、魂がいまだ荒野の中にあって、干え上がった大地、砂漠のままでいるため、空の手でみ座の前に立つでしょう。けれどこれらのメッセージを通して私たちが今現している神秘に、正しい心で分け入るなら、神のどの御わざも栄光と荘厳に満ちあふれているのが分かってきます。

神がその荘厳をもって、ある魂を飾り、その魂を変容させてみ国に、そして天国に入らせたなら、あなたたちはそのときこそ、その栄光を見てこの不思議を記念します。飢えた者、神を畏れる者たちに神が天の糧を備え、この人びともみ国を受け継いでその相続人となって、忠実と高潔をまとうなら、この驚くべきこともあなた方は記念するでしょう。神の祝福をそこに見いだし、首から花輪をさげるようにこの祝福で身を飾るでしょうから。千の太陽のように輝き、無限の大海原のような英知の御わざが、あなたの魂をまばゆく照らし、こうしてその口に実を増し加え、口もとを発するどの言葉も、焼き尽くす火のように、地上を清めるなら、その日その夜は夜通しアーメンに讃歌をうたいつづけ、あなたの荒野でこの長い年月示された主の豊かな善意、忍耐と寛容を讃えるでしょう、魂はまさにこうした不思議、予兆やしるしを日々いのちある限り記念するのです。こうして、私の子どもたちよ、うちに住まい、輝いておられる神の真の栄光は、回心によって見いだすのです。

創造主があなたのうちにも住まわれ、ご自分の愛で抱きしめておられるのが見えてくるよう、目の覆いを取り除いてください。造り主はあなたの伴侶10でもあられます、どの被造物にとっても頭なる方11だからです……
心が上から離れている人びとのために、私の子たちよ、祈ってください。その多くはこう言っています。
「食らい、飲もう、明日は死ぬのだから12、さあ、生きている間に今を祝おう、一陣の雲のように人生は過ぎ去って行く、そうだ、地上の日々は数えられ影のように消えてしまう、そこで祝いたのしもう!」そして自分たちと神の似姿を恥にさらし、生きているよりはむしろ死んでいることに気づかないまま、罪の深みにますますはまっていきます……ああ、彼らの多くは自分自身の身勝手な推測に惑わされ、片意地な意見がその考え方をゆがめてしまいました……

我が独り子、イエス・キリスト、人類の贖い主は、皆を救う力がおありです、創造主なる、御父が、人類すべてにおよぶ権威を賦与されましたから。今日イエスは、歴史上かつてなかったほどのしるしと不思議を行っておられます。神は、はるばる天よりあなた方の上に屈んでおられるのです、私の子たちよ。王たる、イエスは、王冠を脇においてあなた方に届こうと、栄えあるみ座を降りてこられました。この王はその玉座に坐し、畏るべき荘厳をまとい、栄光のうちに金や宝石よりも煌めいておられます。み顔をあげると、慈悲に満ち、燃えるような威厳をたたえて、取り囲む天使の大群を見回されました。このお方は諸聖人と、天の王宮全体を見回し、愛に燃えるみ心をもって、こう言われたのです。

「天の蓄えを13開いて、この無鉄砲な時代に私の秘められたマンナ14を注ぎ出そうと心に決めた、この宝は世界が凍てつき、心が冷たくなって15神の愛から身を遠ざけた、今の時代に取っておかれたもの。神を持たない人びとがこれらの蓄えから養われると、今や皆が知るように。どうして、私は、自ら、慰めの言葉をもってみじめな者たちを癒しに行く。悲惨な者たちに大いなる愛を示し、その傷を癒す16。私は、自ら、彼らに話しかけ、私が兄であり彼らの神性を取り戻す聖なる友人だと知らせよう。苦々しい奴隷の身なる、彼らは、次々とこう自らに問うていく。「私は虫けらの中にあって、一番の虫けら、それなのにどうして、至聖なる方の子どもの一人として数えていただけたのだろう? 二度と私に目をかけるはずもないこの最も栄えある神が私に目をかけ、ご自分の聖人たちの間に場所をあてがわれようとはどうしたことか? この栄光に満ちた太陽が、私たちの上にも昇って輝こうとは?」

「そうではない、虫けらよ、そうではない。あなたは死なない。あなたの王は、あなたを死なせはしない、私の手で救う、小さな虫けらよ、そしてあなたもいつの日か私の王宮に姿を出せるよう、助けに訪れる、今やあなたの王がそばにいて17、あなたを忌々しい者から、祝うべき者に変える、そして祝うべき者からは楽園、栄えある天国へと変容させ、こうして私は、私の荘厳のうちに、賛美と栄光を受けよう。そしてこの天国に住まうあなたは生きていくために これからは私に呼びかけ私のやり方を探し求める。全能の神なる私は、あなたの上に息を吐いて私の香りを降り注ぐ。誰も天国にあるすべての不思議を知ってはいない、私がどう天国と同じように地上でも、私の意思を分からせ得るかも知らない、あなたが卓越しているか凡庸か、富んだ者か貧しいかは問わず、虫けらよ、あなたを引き上げようと私は口を開く、そして私がたおやかな香油18を、虫けらよ、あなた方の上に注ぎ出し、一人ひとりを聖別する」

そう、彼らを訪れては解放し、励ますために、私の驚くべきわざを示そう、こうして彼らの嗣業を思い出させ、私の王国を受け渡す……私は限りなく温和なゆえ、天からかがんで金の笏をもって、生まれたばかりの者たちを引き上げ、私の足跡をたどらせる。多くの人は私の選んだ者たちを見て驚き、かつて死んでいた人びとにも恵みと慈悲が与えられるのを理解できない。—私は、はるばる彼らのもとに下っていこう、そして地の果てまでも出かけていき、その者たちの仲間となる。こうして私の愛を葡萄酒にまさるものと称え、彼らはこう言おう。「あなたを愛するのはなんとふさわしいことか、宇宙の主権者よ!」

それから19いつくしみをこめて主は右手をあげ、地を祝福されました。そしてあなたは、娘よ、神が命じられたことを実行しなさい。口いっぱいにこの蜂蜜20を含んで、もうあなたの眼差しはどれほど輝きを増したでしょう? 口を香油21で満たし、私の祝福をもってお行きなさい、共にいます。

  1. イエスはご自分の聖霊について話しておられたのだと思います。
  2. 今度は棄教者たちのことを神は仰っています。
  3. 『神のうちの真のいのち』のメッセージのこと。
  4. ここでは、まるで独り言のようにこう仰しゃいました。
  5. 内的語らいを永久に追放し、単なる黙想の書と呼んで。
  6. 教皇のこと。
  7. これは教皇さまがどのように熱い観想の祈りを捧げておられるかを示しています、必ずしもパパ様のお言葉そのものではありませんが。
  8. 教皇を殺害する企て。
  9. イエスとマリアのみ心。
  10. イザヤ書54・5。
  11. ローマ書7・4 + 第一コリント書11・3。
  12. イザヤ書22・13。
  13. 同時に「数々の資源」という言葉も聞こえてきました。
  14. 「秘められたマンナ」という言葉が発せられたと同時に、私はこのようなことも理解しました。「それは大聖ゲルトルートがかいま見せて下さった、聖心のうちに隠されている宝、人びとが神の愛にたいして冷たくなってしまった時代のために取っておかれた宝だと。すなわち、イエスがご自分の宝を現される時、その時とは今なのです。
  15. 私の理解どおりでした。
  16. 罪による魂の傷。
  17. ここでは私の天使ダニエルが神に関して最初に述べた言葉を思い出しました。1985年に「神はあなたのそばにいて、愛しておられます」と言ったのです──すなわち神の恵みがもたらす回心が私のうちに始まったのを意味していました。
  18. 雅歌1・3「あなたの香油はかぐわしく、あなたの名は滴る香油のようです。それで、おとめたちは、あなたを愛しています。」イエスの仰しゃる意味はこうです。ご自分の香油を罪人に注がれると、癒されます。言い換えるなら、香油はみ名を現し、ひとたび罪人の上にみ名が注がれると神を愛するようになるのです。
  19. つづけて聖母が話されます。
  20. 聖母はここで象徴されている天のマンナ、みことばを意味しておられます。
  21. 香油とはここでは、神の名を示します。「あなたの名は滴る香油のようです」雅歌1・3。