目覚めて祈りなさい – 祈りなさい!

1990年8月1日 (ノート44)

(聖ネクタリオ修道院)

私の主、聖なる真理の霊よ、
ここに偶然いるのでないのを知っています。
聖なる真理の霊、
以前も道を案内し、今もそうしてくださいますお方、
ここに住んでおられる
二人の修道女にどう話せばよいのでしょう、
彼女たちのために何ができるでしょうか?
まず聖書を通してお話し下さい。
必ず答えをお与え下さると信じています。

(任意に聖書を開くと、ローマ書 6・1-21に目が行きました)

「教会の奉仕者、私たちの姉妹をよろしくお願いします。あなたは聖なる人びとにふさわしく、主と結ばれたものとして、彼女と仲間を迎え入れ、あなたの助けを必要とするなら、どんなことでもして助けてあげてください。(仲間とともに、祈り、私への賛美、償い、禁欲や犠牲を通して)多くの人びとの恩人であるからです2

私はしばしば眠らずに働いて労苦した。愛の欠如に飢え渇き、しばしばひもじい思いもした。愛の欠如で寒さに震えている、そこで私を読む人びとは、私の面倒を見てくれるか? 仔羊たちの面倒を見てくれるか? 構わないでくれ、そこまで出て行って与えることはできない、と言ってはならない!

(あとは再びもとのように、イエスはメッセージを続けられました)

今日は私を読むあなた方に言う、この家の必要を満たす誰であろうと、私の祝福を与える。あなたの行うすべては、最も小さなことであろうと、私のためにしている。では祝福を受けなさい、私の声を聞き、御父のみ旨を行う人びとは。こうして、誰であろうとこの家の必要を満たす人びとは、天の御父より大きな報いをいただく。ただし何らかの困難や問題をそそのかす者たちには警戒していなさい。避けるように。与えている平和と呼応してすべてを行いなさい、愛のうちに愛ゆえに、すべてを行いなさい。私が頼んでいるのは愛だけです、これをいつまでも覚えておくように。

イクトゥス

  1. 「それなら、私たちは何といおうか。恩寵を豊かにするために罪にとどまれと言うのか。けっしてそうではない。罪に死んだ私たちがどうしてなおその中で生きられよう。」
  2. それからイエスは頭の向きを変えて空間をご覧になり、独り言のようにして、二人の修道女の代わりに言っておられるふうに、仰しゃいました。