十字架を分かち合いなさい 従順は悪魔を無力にする

1987年11月29日 (ノート18)

ヴァスーラ、私のためにもっと犠牲を払う覚悟があるか?

主よ、お好きなように私をお使いください。私は自分自身を明け渡しました。毎日明け渡しています。

私のうちにとどまりなさい、私の愛のうちにとどまりなさい。娘よ、非常に多くの試練が待ち受けている1。それでもなお、あなたの神である私のために、もっと犠牲を払ってくれるか2

私の神よ、私のいのちを御手にお受けください。そしてみこころのままになさってください。

私に深く愛された花嫁よ、では私の十字架を見なさい。

(見ると、焦げ茶色をした巨大な木の十字架が、イエスと共にありました。)

私はこれに釘付けられ、御父の栄光をたたえた。あなたを待ち受けているものがどんなものか分かるか? 主である私が、あなたとそれを分かち合う。そのとき、あなたの魂が耐え得るだけの苦しみを担うであろう、耐える力を大きくしてあげよう、小さな子よ。

お父さん、愛するみこころのままになさってください。あなたの栄光がもっとたたえられるために、どのようなことでも。あなたからいただくものには、何であっても満足です。

私に従い、私を喜ばせなさい、従順は悪魔を無力にさせ、退散させる。

  1. 神は警告してくださいました。
  2. 警告してくださった後、私の自由を尊重されて、もう一度尋ねられたのです。