科学

1988年1月9日 (ノート20)

主よ、聖痕を受けた人びとを信じない科学者たちについて読みました。そのような人びとは精神病者であって、聖痕は暗示によって植えつけられたと言い、自分たちが奇跡を信じないことをはっきりと認めています。すべては自然的に説明できると言いながら、何ひとつ説明はしていません。

科学は、私に敵対するための知者たちのお気に入りの武器であり続けるだろう、あなたたちの間には決して耳を開かない魂がある。彼らは私の目に最も哀れみを誘う。この失われた魂たちのために祈りなさい。