あなたの魂を清めることは、私の誉れとなる

1987年5月17日 (ノート11)

(聖ミカエルへの祈りを唱えました。)

次の祈りも唱えなさい。

(聖ベルナルドの聖母に向かう祈りを唱えました。あることを心配しながら。私の友人たちはメッセージを読んで神について再び考えるようになり、中には神に立ち帰った人たちもいます。そして希望を抱いて喜び、その喜びを伝えたくて、知り合いの司祭に話しに行った人たちもいます。ところが残念なことに、それは神のものではないから、信じないようにと司祭に警告された人たちがいるのです。実際、この書き物のことを知ったこの地域の四人の司祭のうち、二人は私を失望させ、二人は励ましてくださいました。私や他の人たちを失望させてしまったその二人の司祭については、私の書き物を最初から最後まで読んでから判断していただきたかったです。読んだ上で、それが取るに足りないものだと思われたならば、その理由を私に話したり、説明したりするべきだと思うのです。メッセージをしっかり読むこともせず、一度でも私と話をすることもせずに、一体どうやって意見を述べることができるというのでしょう!)

神の炎であなたの心を満たしなさい。あなたを愛しています。

愛するお母さん、神のメッセージが、それに従ったことも、読んだこともない人たちによって踏みつけられるのではないかと心配なのです!

恐れないで、子よ。

つらいです!

分かっています。ヴァスーラ、イエスのわざを認めますか?

認めます……

ヴァスーラ、あなたのために祈りました、agapi mou1、忍耐しなさい。イエスにり頼むのです。

(イエスに祈りました。)

私にり頼みなさい。

あなたのメッセージが、読んだこともない人たちによってつぶされてしまうのではないかと恐れています。

恐れなくてよい、私を愛しなさい。自分の魂を清めることは私の栄光をたたえることになる、さあ、私たちで共に行こう。私たちで共に……ということを覚えておきなさい。悲しまないように。

(昨日イエスは、私を主日のミサに導かれました。けれども、他の参列者のようにうまくミサに付いていくことができません。ミサの歌も式次第も教えてもらったことがないからです。いつも他の人より一歩遅れています。でもイエスがそこにおられることは分かりますし、私に語りかけてくださいます。パンに慰めを感じました。)

  1. (訳注)ギリシャ語で「私の愛する人」という意味。