私は不和の神ではなく、平和の神

1991年9月30日 (ノート54)

あなたの愛とご慈悲ゆえに
み名を感謝します。
迫害者、偽りの証人や、
悪口に囲まれていますが、
あなたは私を生かし、
立たせてくださいます。
私の食卓を満たし、
限りなく母親のように、
手ずから私を養ってくださいます。
ああ、主よ、私を憐れんで下さい。
ときどき耐えられないほど多くの困難に出会います。
そしてあなたがおそばでなかったなら、
私は駄目になっていたでしょう!
私は兄弟たちの間に完全な平和を望んでいます。

あなたに平和があるようにと言う! 立ち上がり、私のしもべ1を呼びなさい! 私は争いではなく、平和の神、そしてあなたに私の心を与えた。誰も騙されてはならない。遺恨にいつまでもこだわり過ぎるなら、私の心も、寛大に与えた恵みもすべてを取り上げよう。私の僕が愛をもって協力し、この罪にこだわるのをやめなければ、私の好意をすべて取り上げよう。分裂させる者を真似た態度を決して取ってはならない。

私は、非常に壊れやすい、一致という宝を与えようとしている。この宝を守るようにしなさい。

イエス様?

私である。

私に満たされた小さな者よ、あなたなら私を見捨てない。私は今もこれからも、いつまでも傍らにいる。私を決して祝さない者たちに代わって、私を祝福しなさい。怖れずに、疑うことなく、私を顕わしなさい、そうするなら地獄はもはや支配できない。私を愛撫し、そう、顔をのぞき込んで、言いなさい、「イエス、愛しています、あなたは私のいのち、微笑み、希望、歓び、私のすべて。祝福をお受けください」。

来なさい、私の心に憩い、私もあなたの心に憩わせてほしい。

 

  1. ある人へのメッセージ。